« 門脇篤「ふなばし宝殿~宝殿で放電する一週間in船橋法典」 | トップページ | あだちコミュニティアートフェスタ 2010 プレイベント »

「歌舞伎町2020」がスタートします!

Vision01m

・企画名:「歌舞伎町2020」Vision01
・開催日時:平成22年2月20日(土) 12:00から18:00
・会場:第Ⅰ部 新宿区区役所第1庁舎 地下1階・食堂(JR新宿駅東口より徒歩10分)
          http://www.city.shinjuku.tokyo.jp/
    第Ⅱ部 東京都健康プラザハイジア4階研修室AB(JR新宿駅東口より徒歩7分)
          http://www.hygeia.jp/
・無料(ただし第1部基調講演では会場にて軽食を有料500円にて販売します)

●企画趣旨

新宿区歌舞伎町。日本の中で最も有名なこのまちは「肯定」「寛容」のまちです。
人間の持つタテマエ/ホンネ双方の欲望を肯定するまち-歌舞伎町
21世紀の現在においても立身出世を夢見る世界中の若者を受け入れる寛容のまち-歌舞伎町
歌舞伎町という町の名は、角筈一丁目北町の町会長・鈴木喜兵衛によって戦後の焦土から新たな文化を発信する場を目指して計画されました。高度経済成長の最中、働きアリと世界に揶揄されながら仕事に追われた人々が解放される場所、楽しみ安らぎの町として成長しました。また悩みを抱え行き場を失った人にも、新たな人生を再出発させる町として発展してきました。
このまちから映画ができ、演劇が始まり、このまちのドラマが事件として、世界へ発信されていきました。
戦後65年経た今日、「文化の創造、発信、活用」を掲げた鈴木喜兵衛の道義的繁華街のDNAを蘇らせるコミュニティアートプロジェクト「歌舞伎町2020」がスタートします。
歌舞伎町-繁華街という制度を、私たちの生きる根源である文化―コミュニティアートから新たに提案していく試みです。
2010年から2020年の10年間は社会状況にとって激変の10年であることが予想されます。2020年の歌舞伎町を描くことは、全国の繁華街と私たちの生活の未来を描く事でもあります。
「歌舞伎町2020」の第1ステージ・2010年は「構想のための準備」として年3回から4回、円卓会議「Vision」を随時開催します。
「Vision01」では、歌舞伎町で働き遊ぶ人と全国の町と関わるアーティスト、キーパーソン集結し熱く深いディスカッションを繰り広げます。
歌舞伎町のあらたな歴史に、あなたにも、ぜひ介入していただきたい。

Twitterアカウント:http://twitter.com/kabukicho2020

●プログラム
12:00-13:30
第Ⅰ部:基調講演「歌舞伎町Vision01―今日までのアートプロジェクト・コミュニティアートの動向を踏まえながら」
ゲスト:芹沢高志(P3 art and environment)
内容:デメーテル(帯広)混浴温泉世界(別府)横浜トリエンナーレなど全国の国際芸術祭のディレクターを務める一方、アサヒ・アート・フェスティバルの事務局長として日本各地のアートプロジェクトをリードしてきた芹沢高志さんに、これまで10年のまちとアートに関する試みを総括して頂いたうえで、「繁華街再生」に向けた歌舞伎町2020年Vision01を構想して頂く。

13:30-14:00
歌舞伎町まち歩き。ハイジアに移動。

14:00~17:00 
第Ⅱ部:「歌舞伎町ブレインストーミング」-文化創造・発信の公共空間活用にむけて―
進行:岸井大輔(劇作家/ PLAYWORKS主宰)
内容:歌舞伎町の課題について、会場の参加者全員に無記名で書いて頂く。書いた問題は無作為に進行によって引かれ、その「解決策」をゲスト中心に5分で話す。最初の課題は2人で、次の課題は4人で…というように次々と会議の参加者を増やしていく。

・主催:歌舞伎町タウンマネジメント
    http://www.d-kabukicho.com/
・企画制作:コミュニティアート・ふなばし(山浦彬仁)
    http://communityart.cocolog-nifty.com/news/
・後援:新宿区
・お問い合わせ、参加申し込み:yoshihito0626@y6.dion.ne.jp(山浦)までご連絡ください。

●ゲストプロフィール

・芹沢高志(P3 art and environment エグゼクティブ・ディレクター)
東京生まれ。1989年、P3 art and environmentを設立。以後、現代美術、環境計画を中心に、数多くのプロジェクトを展開する。アサヒ・アート・フェスティバル事務局長 (2002-2010)。とかち国際現代アート展「デメーテル」総合ディレクター(2002)。横浜トリエンナーレ2005キュレーター。別府現代芸術 フェスティバル2009「混浴温泉世界」総合ディレクター。著書に『この惑星を遊動する』、『月面からの眺め』など。

・岸井大輔(劇作家/playworks主宰)
1970年生。1995年より芸術の諸分野で遂行された創作方法の形式化が、演劇におきて可能かを探求して活動。演劇の本質を問う作品を発表し続ける。代 表作、お散歩演劇「potalive」現代文語演劇「文(かきことば)」
現在、東京アートポイント計画に参加、「東京の条件」展開。四人の参加者の個人的な記憶をめぐり東京中を終日散歩したり、町内会の議長をしたりを、演劇作 品とみなして制作中。

・アサダワタル(日常編集家 / 築港ARCチーフディレクターetc…)
1979年生。大阪市立大学法学部卒。アートを軸にメディア、地域政 策、福祉、教育など領域横断的な表現活動を行なう。
2002年~2009年まで「大和川レコード」名義で活動、2010年にソーシャルクリエイティブユニット「事編(kotoami)」立ち上げ。
主として、異なる背景を持つコミュニティを繋ぐための「文化的装置」をプロジェクト形式で発案実行。進行中のPJとしてアート情報発信PJ「築港 ARC」、住居用マンション型サロンPJ「208南森町」、自宅を集いの場に開放する「住み開きアートPJ」、西成街頭テレビPJ「カマン!TV」、電話 ボックスから始まる個人記憶巡回PJ「ジュンケイ」など。また、映像、音楽、テキストなど各種メディアを扱ったパフォーマンスや、サウンドユニット 「SJQ」(HEADZ/cubicmusic)への参加など、とにかく超雑多に活動中。

・鳥越けい子(サウンドスケープ研究家)
1955年東京生まれ。「サウンドスケープ(音の風景)」をテーマに、日本各地の音文化の調査研究をおこなうと共に、「形あるもの・見えるモノを超えた環 境とデザイン」をテーマに、アートから、環境デザイン、環境教育、まちづくりに至る各種のプロジェクト、ワークショップ等を展開している。
2009年より、渋谷百軒店をフィールドにした活動を開始。著書に『サウンドスケープ:その思想と実践』『サウンドスケープの詩学』など。専門はサウンド スケープ研究、環境・芸術文化学。現在、青山学院大学総合文化政策学部大学教授。

・谷賢一(DULL-COLORED POP主宰/タイニイアリス・プロデューサー)
2005年11月、明治大学文学部演劇学専攻および明治大学脱法サークル「騒動舎」を母体に、『東京都第七ゴミ処理施設場ロンリー・ハーツ・クラブ・バン ド』で旗揚げ。人間性の最も暗くグロテスクな一面を、物語性に立脚したあくまでポップな言葉とスタイルで描きたい。
重厚な悲劇からくだらないコメディ、ロック・ミュージカルや翻訳劇まで手掛け、演劇の可能性を隅々まで追求する欲張り劇団。主宰・谷の書く濃密な劇世界 と、それを体現する大・小二人の美人女優を抱え、好奇心と功名心、そして愛だけを頼りに活動している。
新宿タイニイアリス主催のアリスフェスティバルに2年連続参加、過去6作品がすべてCoRich! 舞台芸術・注目公演ランキングにて1位獲得、4×1hリーディング公演2位(ちょっと悔しい)、6倍以上の倍率を勝ち抜いてのCoRich!舞台芸術まつ り2009ノミネート、劇評サイト「ワンダーランド」に過去4公演劇評掲載、先の公演『ショート7』では客席数60数席の劇場で1100名動員達成など、 徐々に、しかし確実に評価を勝ち得ている。

・羊屋白玉(演出家、劇作家、俳優、「指輪ホテル芸術監督」)
1994年、「指輪ホテル」設立に立ち会う。以来、全ての作品の劇作、演出をつとめる。廃工場やテニスコート、書店、レストラン、ストリップ劇場など、オ ルタナティブスペースでの空間演出と、国内外を問わず女性パフォーマーのみで構成されるドラマツルギー(演劇論)を通して、新しい社会観や世界観のあり方 を提示してきた。創作の他、アートコミニュティーへの関心から、日本劇作家協会、日本演出者協会に所属し、多様なアーティストと交流を持ち、ワークショッ プも精力的に行っている。2001年よりアジアン・カルチュラル・カウンシルのフェローシップで、ニューヨークに演劇留学。2006年よりヨーロッパ・北 米・南米ツアーを実施。ニューズウイーク日本誌において「世界が認めた日本人女性100人」の1人に選ばれる。2008年、再びニューヨークに1年滞在 し、4作品を手掛け、ニューヨークタイムズやビレッジボイスの注目を集めた。

・下山浩一(特定非営利活動法人コミュニティアート・ふなばし理事長)
アートプロデューサー/エデュケーター。 特定非営利活動法人コミュニティアート・ふなばし理事長。 コミュニティアート/アートマネジメント/ソーシャ ルキャピタル/教育/コミュニケーション/ジェンダー/社会問題の動向について関心を寄せている。アートは生命そのもの。


|

« 門脇篤「ふなばし宝殿~宝殿で放電する一週間in船橋法典」 | トップページ | あだちコミュニティアートフェスタ 2010 プレイベント »