« 5.11 南三陸の海に思いを届けよう | トップページ | 歌舞伎町小町に出会った »

2011.05.14

何もないアートプロジェクト

2011年3月14日(土)、今日は船橋市本町通り「きらきら夢ひろば」
コミュニティアート・ふなばしは、仙台在住の現代アーティスト門脇篤さんを招聘し、「いどうどうぶつえんをつくろう」「震災カフェ」の2つのプログラムを実施しました。

この「きらきら夢ひろば」は、今年で7年目になる、商店街とNPOの協働による地域づくりイベントで、10以上のNPOが参加し、商店街のあちこちで趣向を凝らした出し物が行われます。

門脇篤さんに参加していただいて、今年で6年目になります。

この「きらゆめ」(とみんな呼ぶ)、昨年あたりから、自分の中で、もやもやした気持ちが、なんとも気持ち悪く、言語化できないもどかしさに、もんもんとしていた。

「きらゆめ」における門脇さんのワークショップは、ワークショップの定石をまったく無視したもので、会場は、道路の歩道からちょっとセットバックはしているものの、ほとんど「ストリート」、参加者は当日になるまで何人来るのか分からない、参加者は入るも出るも自由、出来上がった作品は“お持ち帰り”できない。
毎回、200にんくらいの子どもを中心とした家族連れで賑わう、本町通りの風物詩と化している。
ちなみに、6年もやっていると、近くの船橋小学校の児童の皆さんは、ほとんど門脇WSの経験者で、知らない子はほとんどいません。

今回は、さまざまな素材を使って、商店街が呼んだ本物の「子ども移動動物園」のチャボやウサギやヒヨコの隣りで、不思議な動物を製作してもらうという内容のWSだった。

この門脇さんのWSは、もう一つ特徴があって、アーティストである門脇さんは、場を設定し、素材の準備をし、「どうぶつをつくってね」と言ったきり、ほとんど「指導」というものを行わない。

参加者は、大人も子どもも、それぞれに「どうぶつ」を作る。
今日は晴れて、日射がけっこう厳しく、気温も上がったけれど、皆さんひたすら作る作る。

座り込んで作る。寝っ転がって作る・・・。

この寝っ転がって作る子どもの姿を見ていて、一つ目の前が開けた。

これまで、「まちづくり」と言うと、住民が「吉祥寺LOVE!」と叫んだり、「横浜を愛してます!」と言ったりなど「地域に愛着」とか「地元を誇れる」ということが成功の見本のような言われ方をしていた。
また、「まちづくり活動」の結果、新しいお土産品ができたり、お金が儲かったり、新しいお店がオープンしたり、雇用が生まれたりというのが「成功」と言われてきた。

しかし・・・。

「きらゆめ」は、非常に成功しているけど、上記の指標のどれにも当てはまらない・・・。

「きらゆめ」でお金が儲かったなどという話は聞いた事ないし、商店街は「きらゆめ」のために毎回かなりの経費を負担している。
雇用が生まれるなんてない。

さらに言えば、「感動」とかもないっぽい。

楽しいか楽しくないかといえば、楽しいかも知れないが、「きらゆめ」とディズニーランドどちらを選ぶか?と聞いたら、みんな「もちろんディズニーランド!」と答えそう。

ニュースになるようなトピックも、最近無い。

門脇さんのアーティストキャリアになって欲しいけど、それもいまいち不安。

・・・。

そう、「きらゆめ」には、何もない。

「成功」も「成果」も何もないように見える。

しかし、これは、従来の「まちづくり」の尺度だったと思う。

「きらゆめ」における門脇篤さんのプログラムをキーワードを挙げるとすると、「のんびり」「くつろいで」「落ち着いて」「楽しく」あたりになるのではないかと思う。

住民に、これらの状態を提供することができる人がいれば、それは「鼓腹撃壌」に出てくるような「名君」ということになるだろう。

「指標」のお話をしたが、門脇WSの参加者の、心拍数・血圧・IgA (免疫グロブリンA)の値を測定すれば、有意差が出ると思われる。
不安と孤独のストレスに苛まされる現代日本で、創造活動でこんな「まちづくり」ができるプログラムがあるということは、驚きに値する。

まちなかで、こんなのんびりした体験というと、船橋の漁村側で見た光景を思い出す。
夏の夕暮れ、ステテコ一丁でママチャリをこぐおじいさんの姿だ。
そんなゆったりと落ち着いた気持ちで、自分を開放して暮らすことができる「まちづくり」。

一見「なにもない」、門脇WSが導く世界の未来性に打たれた、今日の善き日でございました。

「震災カフェ」については、また今度。

|

« 5.11 南三陸の海に思いを届けよう | トップページ | 歌舞伎町小町に出会った »

「コミュニティアート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5.11 南三陸の海に思いを届けよう | トップページ | 歌舞伎町小町に出会った »