« 深澤孝史展覧会「うんこふみふみたかふみ文化センター」 | トップページ | 歌舞伎町のポーズ。 »

2010.09.30

岩見沢アートプロジェクト「ZAWORLD」

横浜下町パラダイスまつり、白石島文化祭の報告もしないと・・・
なのですが、まずは岩見沢を。

報告が遅れましたが、岩見沢アートプロジェクト「ZAWORLD」に伺ってきました。
http://www.artholiday.org/
岩見沢最大のお祭り「百餅祭り」に合わせて、2泊3日。
昨年に続いて、2回目の訪問なので、今回は、岩見沢市立図書館に立ち寄り、司書さんご推薦の「岩見澤市史」をがっつり読み込んで臨みました!

9月18日(土)は、僕の講座「よくわかる!コミュニティアート」。参加者の皆さまとのグループワークを交え、ほのぼのとした一時となりました。
会場のIWAMIZAWA90°のランチは、主宰の遠藤さんのお母様が手がけていらっしゃって、加藤種男さんをして「すごい」と言わしめた凝った盛りつけ。
百餅祭りは、門脇篤さんの「えんにちファクトリィ」、××ラビリンスによる「恋のおチョメ神社」が参加。
9月19日(日)は、空知地域の炭鉱に関する資料を集めている「そらち炭鉱の記憶マネジメントセンター」
http://mc.soratan.com/
で、大木裕之さんが岩見沢を舞台に撮影した作品「コイ」を中心とした上映会が開かれました。

「ZAWORLD」は、昨年百餅祭りに参加して以来、まちの皆さんからの認知がグッとアップし、今ではまちで遠藤さんを知らない人はいないくらいだそうです。

岩見沢は、北海道における炭鉱の先駆けである空知炭鉱地区の中心のまちとして、炭鉱+国鉄で栄えた要所です。
今回は、「そらち炭鉱の記憶マネジメントセンター」を運営する、NPO法人炭鉱の記憶推進機構との協働により、さらにプロジェクトが深化したようです。
空知地区の炭鉱は、平成になっても採炭していた炭鉱もあるため、「そらち炭鉱の記憶マネジメントセンター」には、当時炭鉱や国鉄に勤めていらっしゃった方もふらっといらっしゃいます。

地域のアート拠点としてのIWAMIZAWA90°は、まちの「お食事処」としても繁盛し、イベントである「ZAWORLD」が百餅祭りを契機として一段と地域に浸透し、さらには「そらち炭鉱の記憶マネジメントセンター」との良好なコラボレーションが進み、炭鉱が閉山ししばしの静寂が続いていた岩見沢が変わりつつあるのをひしひしと感じる3日間でした。

遠藤さん、アーティストの皆さん、お疲れ様でした!

|

« 深澤孝史展覧会「うんこふみふみたかふみ文化センター」 | トップページ | 歌舞伎町のポーズ。 »

「コミュニティアート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 深澤孝史展覧会「うんこふみふみたかふみ文化センター」 | トップページ | 歌舞伎町のポーズ。 »