« 輝きの先にあるもの/その人が輝いていた頃は。 | トップページ | おっと。 »

2010.02.21

アートなのか、もはやアートではないのか~「歌舞伎町2020」Vision01を振り返って

2月20日(土)に、行われた「歌舞伎町2020」Vision01は、第一部の芹沢高志さんの基調講演「今日までのアートプロジェクト・コミュニティアートの動向を踏まえながら」から、ただならぬ雰囲気でスタートしました。
芹沢さんの講演は、帯広のデメーテル、横浜トリエンナーレ、混浴温泉世界、そしてアサヒ・アート・フェスティバルの紹介から始まり、「歌舞伎町2020」へのビジョンとして、3つの提言をいただきました。

 1.場所の力を見極める

 2.文化多様性

 3.新たなプロジェクトを生み出す場の創出

この第一部から、歌舞伎町商店街振興組合をはじめとする、地域の皆さまがほぼ全員お越しいただき、メモを取りながら非常に熱心に耳を傾けていただけました。
第一部は、新宿区役所の食堂が会場。
お昼の12時からのプログラムということで、とんかつ茶漬けで有名な「すずや」さんのカツサンドをいただきながら、リラックスしたムードで進められました。

第二部の会場、ハイジアに移動し、岸井大輔さんの進行による「会/議/体」スタイルによる「歌舞伎町ブレインストーミング」が開始。

歌舞伎町は、「歌舞伎町ルネッサンス協議会」を頂点としたさまざまなまちづくり活動が行われている地域で、地域の皆さまも、いわばまちづくりの大ベテラン。
その皆さまに、鳥越けい子さん、アサダワタルさん、谷賢一さん、羊屋白玉さん、芹沢さんや僕が加わり、地域の課題をディスカッションするという、強烈な内容です。

会場は、いわゆる開始宣言以前からディスカッションが始まり、いきなりレッドゾーン!(笑

2時間30分という限られた時間に、つぎつぎにびっくりするような本音・前向きな発言が湧くように飛び出しまくり、歌舞伎町の皆さまからも、「こんな話し合いは初めて」という、お褒めの言葉をいただきました。

終盤には、会場全体があたかも、一つの巨大な群集劇(参加者は、約70名)のようでした!

この会議は、非常にエキサイティングなアート作品でした。
同時に、この場から、現実のプログラムが生まれ、走り始めます。

これはいったい、アートなのか、もはやアートではないのか。

こうしてブログを書いている行為は、アートそのものであるし、政治的なアクションでもある。

最高のアートが日常化し、かけがえのない日常がアートとなる、「歌舞伎町2020」が、動き出しました。

Img_0631m

Img_0634m

Img_0640m

Img_0651m

Img_0656m

Img_0659m

 

|

« 輝きの先にあるもの/その人が輝いていた頃は。 | トップページ | おっと。 »

「コミュニティアート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 輝きの先にあるもの/その人が輝いていた頃は。 | トップページ | おっと。 »