« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009.09.30

「中流社会を捨てた国」~格差先進国イギリスの教訓

20090826g154

「中流社会を捨てた国」~格差先進国イギリスの教訓

著:ポリー・トインビー デイヴィッド・ウォーカー
訳:青島淑子
東洋経済新報社

序章 裕福な親の子は、やはり裕福になる

第1部 先頭を走る人々-富裕層の実態(高額所得者の自己認識、法外な役員報酬のからくり、古き良き中流階級のため息)

第2部 最後尾を行く人々-貧困層の実態(あるシングル・マザーの日常、相続されていく貧困、高等教育への遠い道程)

第3部 ここに税金を使いたい(「シュア・スタート」-未就学児の子育てを支援する、ニューアル・グリーン小学校-教育困難校を立て直す、どこまでも面倒見ます-イギリス版ハローワークの実験、明日の人材」-就職支援の新しい試み)

第4部 税こそ、この国のかたち(慈善事業の限界-気まぐれな善意は役に立たない、税からの遁走-租税回避を許すな、今、おこなうべきこと-一八の提言)

+++

「英国と日本のコミュニティアート。違いは“社会的排除”の視点の有無だ」
と、ある人が指摘されていました。
今後、日本でも問題として浮上してくる社会的排除。

社会的排除を克服するための英国の先進施策が分かりやすくまとめてある、良書です。

第1部は、英国の富裕層がいかに貧困層と隔絶された生活認識を持っているか、というあたりで、正直そんなに面白くありません。
この本の優れたところは、英国における貧困層への支援政策の紹介です。

「一人親のためのニューディール」「シュア・スタート」「エイム・ハイヤー・プログラム」「エヴリ・チャイルド・ア・リーダー」「雇用・維持・向上プログラム」(ERA)
といったプログラムの、いずれも興味深いです。

特に興味を引かれた点が2つあります。
一つは、英国が幼少期の子どもへの支援を重視している点。
子どもがどんな学校教育を受け、どんな社会階層に属することになるか、そしてどんな人生を歩むかは、幼少期の言語教育(どんな言葉を使い、どんな言葉で話しかけられていたか)と密接な関係がある。
良質の幼児教育は、子どもの貧困率の低さと社会的相続(その家庭の文化度などが世代を越えて引き継がれていくこと)の影響を減らすことができる。といった紹介です。
未就学児とその母親を支援する「シュア・スタート」のようなプログラムが、日本でも必要と思われます。

二つ目は、「雇用・維持・向上プログラム」(ERA)という、失業者や低賃金の単純労働に従事している人に金銭面や精神面を含めて各人に応じた就職アドバイスのプログラム。
担当アドバイザーが、対象者が専門職に就けるための職業訓練をあっせんし、就職面接に行く際の服装などの細かい部分までケアし、マンツーマンの関係で友人のように心理的バックアップまでを含めたサポートを行うというものです。
これが、目覚ましい効果をあげているというものです。

支援者が、マンツーマンで、人格的な面まで含めたサポートを行う。
一見、非常に効率が悪く見えます。労力もかかるように見えます。しかし、人材育成で、効果を上げるには、このアプローチが最短距離となるという事実に、日本のNPOや非営利セクターにおける人材育成環境と、重なる部分を見いだすことができました。

| | コメント (0)

2009.09.28

シッカイ屋@東京アートポイント計画 インターンゼミの最新情報、アップしました。

Shikkaiya

シッカイ屋@東京アートポイント計画 mixiコミュニティに、最新情報をアップいたしました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4509734

| | コメント (0)

おはようございます。

おはようございます。

| | コメント (0)

2009.09.27

かまがや まなびぃプラザ。

かまがや まなびぃプラザ。

| | コメント (0)

2009.09.24

莫千山路50号が、「島耕作」に登場!

今日発売のモーニングの「島耕作」は、鳥本健太さんのオフィスがある、上海の新進アートエリア「莫千山路50号」が舞台です!!

「バンビーノ!」には博多の冷泉荘が出てきたし、面白いな~☆

| | コメント (3)

2009.09.23

門脇篤さんが、Twitter中継中!

門脇篤さんが、岩見沢アートプロジェクト「ZAWORLD」でのプロジェクトを、Twitterで中継中です!

http://twitter.com/kadowaki

| | コメント (0)

2009.09.22

MIRRORBOWLING。

090922_1501171

MIRRORBOWLING。MIRRORBOWLING。

MIRRORBOWLING。

創造空間9001にて。

| | コメント (0)

ヨコハマホステルビレッジ。

ヨコハマ・ホステス・ビレッジ。ヨコハマ・ホステス・ビレッジ。

ヨコハマ・ホステス・ビレッジ。

路上で、いきなり、超ヨロヨロしたおじいさんが、もっとヨロヨロしたおじいさんを支えながら歩いている現場に遭遇!

お部屋に送って差し上げました。

ヨコハマホステルビレッジのフロントで、コタニさんからいろんなとお話を伺う。

| | コメント (0)

寿町02

寿町02

| | コメント (0)

寿町01

寿町01寿町01

寿町01

テキトーに歩いてるうちに、景色が一変しました。

路駐の嵐。

| | コメント (0)

若葉町:タイ料理「イヤムプシャナー」。

若葉町:タイ料理「イヤムプシャナー」。若葉町:タイ料理「イヤムプシャナー」。

若葉町:タイ料理「イヤムプシャナー」。
グリーンカレー。
めちゃくちゃ良い香り!
美味しそう〜!
ビビッドなお味、素晴らしいです。

デザートは、カノムチャン(三色の寒天ゼリー)とプロイサームシー(三色団子入りのココナッツミルク)。

昼間の若葉町は、すごい静か。

| | コメント (0)

黄金町バザール:ヤグチレジデンス2

黄金町バザール:関本幸治2黄金町バザール:関本幸治2

黄金町には、アーティストが多数入居しているので、交流がとても楽しいとのこと。

| | コメント (0)

黄金町バザール:ヤグチレジデンス。

黄金町バザール:関本幸治。
関本幸治さんのオープンスタジオ。

| | コメント (0)

黄金町バザール:黄金スタジオ。

090922_1225531

黄金町バザール:黄金スタジオ。黄金町バザール:黄金スタジオ。

黄金町バザール:黄金スタジオ。黄金町バザール:黄金スタジオ。

黄金町バザール:黄金スタジオ。

090922_1226301

こりゃすごい。

高架下をアートセンターにするというのが、ステキです。

黄金町バザールは、地域再開発計画としての性格が、濃厚ですね。

| | コメント (0)

黄金町バザール:KOGANE-X Lab.

黄金町バザール:KOGANE-X Lab. 黄金町バザール:KOGANE-X Lab.

黄金町バザール:KOGANE-X Lab.

「黄金町バザール2009」
マップ片手のお客様かすでにけっこういます。デートコースですね。

| | コメント (0)

黄金町バザール:初音スタジオ。

黄金町バザール:初音スタジオ。黄金町バザール:初音スタジオ。

黄金町バザール:初音スタジオ。黄金町バザール:初音スタジオ。
黄金町バザール:初音スタジオ。黄金町バザール:初音スタジオ。


初音スタジオ。

アーティストと触れ合える企画は、やはり良いですね。

増田さんのボートにヤスリがけしてきました。

| | コメント (1)

伊勢崎町の秘密基地。

伊勢崎町の秘密基地。

| | コメント (0)

シネマ ジャック アンド ベティ。

シネマ ジャック アンド ベティ。シネマ ジャック アンド ベティ。

コミュニティアート映像祭では、お世話になりました。

若葉町、黄金町、伊勢崎町。

まちの関係が、いまいちわからない…。

| | コメント (0)

伊勢崎町の猫。

伊勢崎町の猫。

| | コメント (0)

「経済衰退期のアートマネジメント」ですよ。

昨日のエントリー「いらない」んですか? の、補足。

読んでいただければ分かるように、あのエントリーは、曽田先生のエントリーへの皮肉の形を取った、「アートプロジェクトやコミュニティアートを巡る質の低い言説への愚痴」です。

「遊戯室」の姿勢は、周到に考えられたもので、「アートプロジェクトやコミュニティアートへの批判」ではありません。
両立しうるものだし、学ぶところ、大きいです。

ただ、16項目ぜんぶ読めばきちんと書いてあるんだけど、字を読むのが苦手な人には「芸術至上主義」しか読めないみたい。

これは、遠藤氏や中崎氏が言うから意味があるんであって、今、芸大あたりにいってる学生や若手アーティスト(若手じゃなくても)がここだけを見て、納得してしまうのは、非常に危険です。

だって、タコ壺に引きこもっている人の芸術が「至上」なんてレベルに行かないっしょ!
高度経済成長期に、特に考えもなしにやってこれちゃった「アーティスト」や「指導教官」を、ロールモデルや先生としてるのは、有害であり、危険なのに。

アーティストには、

「マネジメントを勉強しましょう。アートプロジェクトに参加してみましょう。支援者を増やしましょう。」

言いたい。

字を読むのが苦手なアーティストは、一度「遊戯室」に行って、彼らの言う「芸術至上主義」がどのようなものか、触れてくるのが良いと思います。

アートプロジェクトやコミュニティアートは、経済衰退期におけるアーティスト・インキュベーション・システムとして、機能しつつあるのに、相変わらず高度経済成期における「フリーター」みたいなライフスタイルを選ぶのは、「やる気」自体を疑われるというものです。戦略無しに乗り切れるほど、現代日本は、甘くない。

それ以上に、若手にきちんとしたアナウンスをしない大人は、「汚い」としか言いようがありませんったら、ありません。

「遊戯室」について、一点だけ指摘するならば、

つまらない地域性やせせこましい社会性に囚われずに愚直に追求していく。

という部分です。

これはやはり、遠藤氏と中崎氏の、豊富なフィールド体験から出たものであるわけで、彼ら自身のステイトメントとしては理解できるんだけど、これまたロクな社会体験もなければ、アートプロジェクトの実態も知らない、社会にコミットするアートの歴史も知らない「お姫様」のようなアーティストちゃんたちは、「地域=つまらない」「社会性=せせこましい」と自分に都合の良い見かたしかしないでしょ。

地域も社会性も、アーティストにとってさまざまなインスピレーションを与えてくれるだけでなく、創作環境を支えてくれるもの。
それを知っているアーティストは、非常に巧みに活用しているわけですから、アーティスト向けには、も少し親切な説明があってもいいのでは。

あと、「愚直」じゃだめでしょう。ただでさえ、世間知らずの「お姫様」なんだから。

「馬鹿は死ね」と思ってるならともかく。

| | コメント (0)

2009.09.21

「いらない」んですか?

曽田先生が、『地域や社会に「貢献する」アートはいらない』というエントリーを書いていらっしゃったので、楽しみに読ませていただきました。

コミュニティアートやアートプロジェクトに関する言説のほとんどが、実際のプロジェクトやフィールドから乖離した、極めて精度の低いものばかりで辟易しているので、新しい展開になるのかと。

水戸の「遊戯室」というアーティストランのスペースが紹介されています。
これが、とてもおもしろそう。

曽田先生は、遊戯室のスタンスに注目されたようです。

以下、引用。
1,アーティスト中崎透とキュレーター遠藤水城が水戸に設立したオルタナティブスペース。
2,オープンしたのは2007年12月15日(中崎透、31回目の誕生日)。
3,場所はアーティスト有馬かおるが運営する「キワマリ荘」の中。
4,年間3〜4本の展覧会といくつかのイベント、無数の飲み会を開催予定。
5,「地域」や「社会」に「貢献する」ようなアートはやらない。
6,結果的に、それらに貢献したとしたら、それはそれでうれしい。
7,芸術至上主義。革命。
8,基本的に自腹。
9,寄付・献金・義援金・裏金・カンパ・差し入れ、すべて大歓迎。
10, 一地方に設立された水戸芸術館がジェニー・ホルツァーやダニエル・ビュラン、ジョン・ケージやジェームズ・タレル等、地域性に拘束されない力のある現代美術を推進してきたその姿勢と同様に、遊戯室もあたりまえの、素晴らしい現代美術を、つまらない地域性やせせこましい社会性に囚われずに、愚直に追求していく。
11,アートの王道。作品は厳しく。空気は緩く。
12,現在のマーケット主導型の風潮に叛旗を翻すべく、売ることを目的とした作品は扱わない。
13,(それでも買いたいという人がいたら考えます。)
14,ちなみに宿泊可能。
15,アート関係者のみならず、いろいろな人が集う場所ならいいな。
16,水戸に来たら連絡してね。

引用終わり。http://tohru51.exblog.jp/i2/

この中で、『「地域」や「社会」に「貢献する」ようなアートはやらない』を引かれて、曽田先生は以下のようなコメントをなさっています。

以下、引用。
いわゆる「地域性」を考慮したものも、いわゆる「社会性」を考慮したものも、むろんあっていい。個性を打ち出す策として、それも必要かもしれない。しかし、そこにとどまらずに、もっと突き抜けるものだってあってもいいのではないか、ということも言える。
引用終わり。

提言としては、非常にまっとうで、同感です。
専門家としての、アートディレクターが配置されない公共施設では、質の高いプログラムを、計画的・継続的に提供することは、難しいのです。
だったら、そういえば表記すれば良いのでは???

「遊戯室」は、『「地域」や「社会」に「貢献する」ようなアートはやらない』と仰っているのであって、「いらない」とは言ってません。

曽田先生、ブログのエントリーは、タイトルのつけ間違いでしょうか?
それとも、独自に、『地域や社会に「貢献する」アートはいらない』とお考えなのでしたら、詳しくお聞かせいただきたいのです。

アートプロジェクトやコミュニティアートの盛り上がりについていけないアーティストや学芸員の、飲み屋のたわごと。
あるいは、政権交代に対応できない産経新聞の記事のようなのばかりと接していて、最近いささか食傷ぎみ。

展覧会に行かないで語るバカはいませんが、アートプロジェクトやコミュニティアートについては、見もしないで語る人々が威張っているのは、アート界の七不思議。残り6つはしりませんが。

| | コメント (2)

ICTリテラシーの現在。

大学1年生→ブログ開設、Twitterやフリッカーを使用開始し使いこなす。

大学2年生→ブログで読み手を意識した文章の執筆と公開。


くらいは、100%の人にやっておいてほしい。

これくらい、できても特に自慢できるものではないし、かといってできないとお話にならない。


なかでも、「読み手を意識した文章」を書く、というのは、現代的な意味で重要です。
ブログや2ちゃんねるにはまっていると、ネット上特有の文章の癖がついてしまい、矯正するのに、とても骨が折れます。

他人に伝わる文章、「お金が稼げる文章」を書く習慣をつけることが大切なのです。

| | コメント (0)

2009.09.20

甘くて苦い「メガとがび2009」。

「メガとがび2009」は、とても味わい深い体験でした。
昨年、バスツアーで回った時よりも、準備期間が短く、かなり大変だったそうですが、一つのアートイベントととして、見応えありました。

「あなたがアリスプロジェクト」、男子中学生シャンソニエ・桃蓮華鏡さんの一連のプロジェクトなど、中学生という危うい年齢のダークサイドも、よく現されていたと思います。

関わった生徒の皆さんの、非常にシリアスなエピソードも、伺いました。

「なんでもアリ」の、アートの現場だからこそ、明らかになったものばかり。

「コミュニティアート=安全なアートだ」などと、蛸壷のなかでつぶやいている輩の耳には、今生きている人の苦しみさえ、届かないのでしょう。

このリアル・ワールドを、

見えないのは、見ようとしないから。
聞こえないのは、聞こうとしないから。

| | コメント (1)

「メガとがび2009」13

「メガとがび2009」12「メガとがび2009」12

中平先生と、アーティストの住中さん、卒業生の生徒さんたち。

お疲れ様でした!

| | コメント (0)

「メガとがび2009」12

「メガとがび2009」11「メガとがび2009」11

「メガとがび2009」11

| | コメント (0)

「メガとがび2009」11

「メガとがび2009」11
謎の政見放送が。

| | コメント (0)

「メガとがび2009」10

「メガとがび2009」10「メガとがび2009」10

| | コメント (0)

「メガとがび2009」09

「メガとがび2009」09

| | コメント (0)

「メガとがび2009」08

「メガとがび2009」08「メガとがび2009」08

| | コメント (0)

「メガとがび2009」07

「メガとがび2009」07
とがびパネルディスカッション「とがびの残したもの」終了。

楽しいパネルディスカッションでした。

皆さま、お疲れ様でした!

| | コメント (0)

「メガとがび2009」07

「メガとがび2009」07

| | コメント (0)

「メガとがび2009」06

「メガとがび2009」06
とがびパネルディスカッション「とがびの残したもの」

小林さん(高校3年生)のお話。

| | コメント (0)

「メガとがび2009」05

「メガとがび2009」05
とがびパネルディスカッション「とがびの残したもの」

「最強のキッズ学芸員」高松さん。

| | コメント (0)

「メガとがび2009」04

「メガとがび2009」05「メガとがび2009」05

とがびパネルディスカッション「とがびの残したもの」

もうすぐ始まります。
中平先生の挨拶。

パネラー

・高松あゆみさん(中学3年生)
・小林稜治さん(高校3年生)
・児玉亮士さん(保護者)住中浩史さん(現代美術作家)

・司会:穴澤秀隆さん(「美育文化」編集長)

| | コメント (0)

「メガとがび2009」03

「メガとがび2009」03「メガとがび2009」03

「メガとがび2009」03

| | コメント (0)

「メガとがび2009」02

「メガとがび2009」02「メガとがび2009」02
「メガとがび2009」02
千曲市立戸倉上山田中学校に到着。

なぜか裸婦が、お出迎え。

エントランスには、特設カフェまで!

Live Twitte、頑張ります。
http://twitter.com/kshimoyama

| | コメント (0)

「メガとがび2009」01

「メガとがび2009」01
長野、到着。

昼食は、長野駅近くの蕎麦店「ぼっち」です。

「天ざる」を頼むと、きちんと天つゆが、別に添えられてくるのが、蕎麦好きには嬉しいです。

こんなに美味しいお店が、空いていて、さらに嬉しい。

| | コメント (0)

天木さん、大丈夫ですか?

天木直人氏が、メルマガで小泉進次郎を持ち上げてる。

女性絡みだと途端に論旨が崩壊する「世に倦む日日」(ex.姫井議員褒め褒め)といい、普段良いこと言うオヤジ論客が、イケメンとか女性が絡むと、グダグダになるのは、思春期にモテなかったからではないの?

モテなかった人は、感性に大きなバイアスがかかり、さらに最悪なことに本人が未自覚なことが多いのです。

公の場で意見を発表する人は、事前にモテ遍歴を情報開示して欲しいです。

って、しっかりしてよねー。

| | コメント (1)

2009.09.19

「墨東まち見世2009」06

「墨東まち見世2009」05「墨東まち見世2009」05

まちなか交流会。

EAT&ART TAROによる、キラキラ橘商店街の地図に、商店街のお店の料理を配置したテーブル。

| | コメント (0)

「墨東まち見世2009」05

「墨東まち見世2009」06

ミラクル☆パッションズによる「こんな狭いところで座頭市」

大うけ。

| | コメント (0)

「墨東まち見世2009」04

「墨東まち見世2009」04

賑わう岸井大輔さんの「ロビー」。

| | コメント (0)

「墨東まち見世2009」03

「墨東まち見世2009」03「墨東まち見世2009」03

バレエ教室の皆さんのパフォーマンス。

お父さん役は、カワムラアツノリさん!

| | コメント (0)

「墨東まち見世2009」02

「墨東まち見世2009」02「墨東まち見世2009」02

ロビーにて。

| | コメント (0)

「墨東まち見世2009」01

「墨東まち見世2009」01

| | コメント (0)

キラキラ橘商店街。

キラキラ橘商店街。

| | コメント (0)

「TOKYO ART SCHOOL」、始まりました。

「TOKYO ART SCHOOL」、始まりました。

| | コメント (0)

ランチ。

ランチ。

| | コメント (1)

「TOKYO ART SCHOOL」準備中。

「TOKYO ART SCHOOL」準備中。

| | コメント (0)

これから「シッカイ屋・フリーミーティング」。

これから「シッカイ屋・フリーミーティング」。
代官山。

今日は、「シッカイ屋・フリーミーティング」です。

これは、シッカイ屋の受講者の皆さまが、自主的な勉強会や打ち合わせをできるよう、「TOKYO ART SCHOOL」のある日の午前中、会場のヒルサイドプラザを、開放するというものです。

| | コメント (0)

2009.09.18

「見世物」としての、「モテキ」。

20090130125259

「モテキ」、面白かったような、面白くなかったような・・・。

「漫画的」な面白さとはちょっと違う。

現代美術や、コンテンポラリーダンスの面白い作品を見たときと、印象が似ています。

僕が、現代アートに期待するものは、「今の世の中って、こうだよね」というものの、提示です。

岸井大輔さん、白井剛さんといった優れたアーティストの作品は、「世の中」を掘り下げ、凝縮し、裏側までを見せてくれる、「見世物」なのです。

「モテキ」には、今を生きている自分たちのそのままの姿があります。

読んでて、心がぞわぞわしてきます。

「臨死!!江古田ちゃん」もまた、とっても面白い「見世物」です。

| | コメント (0)

2009.09.17

80’sアートマネージャー戦略会議。

40241_164

恒例の、mixiアートマネジメント・コミュニティのオフ会のご案内です。

「知識」は、本でも身につけることができますが、プロジェクトを切り盛りするのに必要な人の「ご縁」は、現場に足を運ばなければ、得られません。
フレッシュで元気のいい人材が集まる機会に、ぜひ遊びにいらしてください☆

※以下、転送・転載歓迎です。

+++

参加者約7300名を擁する、アートマネジメントに関する日本最大のwebコミュニティSNS「mixi」の「アートマネジメント・コミュニティ」。
http://c.mixi.jp/arts
今回は、1980年代生まれのアートマネージャーが集合!
アートマネージャーにとって、そしてアーティストにとってもいちばん大事な「ネットワーク」について、会場の皆さまも全員参加していただき、熱く語ります。
この夏開催された各地のアートプロジェクトのリポートも、たくさん!

アートマネジメントに興味がある方なら、アートファン・アーティスト・研究者・学生etcどなたでも大歓迎です!

■80’sアートマネージャー戦略会議
日時:9月25日(金)open-18:00 start-18:30
会場:アサヒ・アートスクエア
参加費:500円(ドリンクオーダー制)

【予約・問】e-mail:PXZ06005@nifty.ne.jp/Tel.090-9101-1974(シモヤマ)
主催:mixiアートマネジメント・コミュニティ
共催:アサヒ・アートスクエア

※詳細は http://c.mixi.jp/arts

| | コメント (0)

鳩山内閣早くも公約違反? 隠れた官僚支配の温床壊せず

事実なら、許しがたいです。

民主党の「記者クラブ開放」に期待していた人は、多かったのですから。
小泉のように、「公約違反はたいしたことじゃない」とでも、言うのでしょうか?

http://shimon-yamada.tumblr.com/post/189844426

| | コメント (0)

2009.09.16

ミーティングちう。

ミーティングちう。
本日の議題は、「きらきら夢ひろば」「コミュニティアート映像祭」「シッカイ屋」など。

| | コメント (0)

2009.09.15

ファシリテーション。

「ファシリテーション」というものを知らない人には、たとえ目の前で実演してやっても、何が起きているのか、理解できないようです。

参加者の主体性を引き出すには、ファシリテーターは、黙っていることがあります。
これも、「単に何も言わないだけ」と、思っているのでしょう。
参加者全員の表情を緻密に観察し、息を凝らしながら、次の介入のための「一言」を探っているんだけど。

| | コメント (0)

アサヒビール・ロビーコンサート。

アサヒビール・ロビーコンサート。

| | コメント (0)

2009.09.13

NPOのネクストレベル。

NPOは、急速に、旧来的なソーシャルキャピタル組織(自治会・青年団・互助会など)と入れ代わりつつあるように感じます。

NPOの進化した姿は、一部のコンサルタントモドキの言うような、「事業型NPO」などではなく、「村の寄り合い」になるのではないでしょうか。

退屈でダサいかも知れませんが、庶民の生活を支える草の根システムとしては、望ましい姿だと思います。

世の中を構成しているのは、貨幣経済だけではない、という認識を、私たちは、強く自覚すべきです。

家族がつくってくれる食事。自分を育ててくれた親。見守ってくれる近所の人。支えてくれる友だち。いろいろなコミュニティ。

こうした、非経済圏のソーシャルキャピタルにアクセスするための装置として、NPOがさまざまなアプローチを見せていることに、もっと注目すべきです。

| | コメント (0)

参画のデザイン。

参画のデザイン。
昨日の、シッカイ屋インターンゼミに参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

ゼミ後のパーティでは、皆さまの、シッカイ屋への、熱い期待、そしてお一人ひとりの魅力的な人柄に、打たれました。

ゼミ、ソーシャルメディア等を駆使して、受講者の皆さまをバックアップしていきます。

一緒に、楽しくやりましょう!


写真は、交流パーティの様子。

| | コメント (0)

2009.09.12

シッカイ屋インターンゼミ0912・パーティ。

シッカイ屋インターンゼミ0912・パーティ。
講師の帆足さんを囲んで。

| | コメント (0)

シッカイ屋インターンゼミ0912・ディスカッション。

シッカイ屋インターンゼミ0912・ディスカッション。

| | コメント (0)

シッカイ屋インターンゼミです。

シッカイ屋インターンゼミです。
宿場町通り商店街。

| | コメント (0)

2009.09.11

旧篠原家住宅。

旧篠原家住宅。
旧篠原家住宅。

| | コメント (0)

宇都宮・オリオン通り。

宇都宮・オリオン通り。

| | コメント (1)

朝餃子定食。

朝餃子定食。

| | コメント (0)

これから宇都宮〜。

これから宇都宮〜。
今日は、研究会の司会です。

宇都宮は、近いというイメージだったので、新幹線で行くのは、内心不本意w

| | コメント (0)

2009.09.09

「コミュニティアート映像祭」が、すごいことになってます!

090831_e_main

10月15日(木)・16日(金) 「コミュニティアート映像祭09 秋の宴」をシネシティ広場で開催!

コミュニティアート映像祭09 秋の宴 開催!

コミュニティアートをテーマにした作品を上映する初の試みとして、特定非営利活動法人コミュニティアート・ふなばしによって08年からスタートした「コミュニティアート映像祭」。
これまでコミュニティの全国10か所をめぐる映像祭を各地で開催してきました。

今回も各地で開催される「コミュニティアート映像祭09 秋の宴」を、新宿歌舞伎町のシネシティ広場では10月に開催いたします!

『コミュニティアート・ふなばし』により選定された今回の映像祭での上映作品は全部で19作品。→ 一覧はこちら
歌舞伎町シネシティ会場では、これらの作品の中からいくつかをピックアップして上映いたします。

お茶の間で、銭湯で、病院で...テレビを見ながら皆で話したように、遠いようで近い、社会や人の営みについて映像を見ながら、ちょっと話をしてみませんか。

http://www.d-kabukicho.com/

| | コメント (0)

2009.09.08

質問!

質問!
これを見て、千葉に行きたくなった人、手を挙げて!

| | コメント (2)

ソーシャルキャピタルの再分配システムとしての、アートプロジェクト。

オバマ大統領のアメリカも、高齢化の危機のようです。

「高齢化社会では、若者より高齢者が政治的に優遇される」というのは、どこも同じらしいですね。

翻って見ると、日本各地のアートプロジェクトにおける、若手の台頭は、「ソーシャルキャピタルの再分配」という点で、もっと評価されて良いと思います。

| | コメント (0)

2009.09.07

アートマネジメント・コミュニティ@Twitter、オープンしました!

Logobeta

Twitterをつかってコミュニティを作るサービス「Ttwicco ついっこ」を利用したアートマネジメント・コミュニティを作成しました。

mixiのアートマネジメント・コミュニティとも連動して、皆さまに使いやすいインフラとして、育てていきたいと思います。

ぜひフォローお願いいたします!

イベントや公演の告知、メンバーのコミュニケーションなどに、ご活用ください。

アートマネジメントコミュニティ@Twitter
http://twitter.com/arts_management

@arts_managementに発言するとこのアカウントをフォローしている人に発言が送信出来ます。

「Twilog」(ついろぐ)のアカウントは、こちらです! http://twilog.org/arts_management/

また、ハッシュタグ #arts_management を作成してみました。使いこなせるかなー。


※このアカウントは、コミュニティー・サービス「ついっこ」に登録してあります。
http://twicco.jp/home

| | コメント (0)

2009.09.03

シッカイ屋@東京アートポイント計画の申し込みが、130名を超えました!

Shikkaiya

シッカイ屋@東京アートポイント計画の、受講申し込み者数が、130名を越えました!

これはすごいです。

あまりの反響の大きさに、あと若干名、受付枠を広げますので、興味がある方は、お早めにご応募ください。


http://www.bh-project.jp/artpoint/app/intern.html

| | コメント (0)

2009.09.02

消防博物館。

消防博物館。
これから、シッカイ屋インターンゼミの打ち合わせです。

| | コメント (2)

2009.09.01

池田信夫に晒された。

Twitterで、新自由主義をバカにするポストをしたら、池田信夫さんに、晒されました。

楽しかったです。

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »