« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009.06.29

Twitbacker

設定してみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.28

twitter。

有用な情報は、twitterから入ってくるようになってきてますねー。

| | コメント (0)

2009.06.27

愚鈍な人。

それは、人の力を活かすことができない人。
助けを借りることができない人。

です。

| | コメント (0)

主食はケーキです。

主食はケーキです。
川端道喜のお菓子を引き取りに行った、新宿高島屋ですが、ケーキの充実ぶりに、びっくり!

手前は、チョコレートのカップに、プラムのコンポートと超濃厚なバニラクリームが入ったもの。

奥は、ライチのジュレ+ラズベリーのムース。

今日のブランチです(笑)

| | コメント (0)

川端道喜の「青梅」。

川端道喜の「青梅」。
京都のお店で、予約した「青梅」。

新宿の高島屋で、無事受け取れました。

| | コメント (0)

2010年。そして、庶民はますます貧しくなった。

橋下とかそのまんま東など、どーでも良い。

格差を解消し、教育を充実させ、貧困をなくし、自殺者を減らす。

そんな政党が無い、ということに、危機感を持たない人間は、馬鹿だ。

テレビを消し、想像してみよう。

一年後の自分の収入を。
二年後の自分の貯金の額を。
自分の老後を。
自分の子どもが送る人生を。

| | コメント (0)

2009.06.26

東京の条件。

岸井大輔さんの新プロジェクトは、その名も「東京の条件」。

うぉーっ!

タイトル聞いただけで、興奮しますー。

| | コメント (0)

子どもに悪影響を与えるテレビ番組、「あると思う」が80%超え。

なにを言っているのか。

ネットとか個々のTV番組なんか、影響は小さい。

自民党・民主党・社民党・共産党
みのもんた
そのまんま東
公務員
新聞
本を読まない大人・TVばっかり見てる老人

に比べたら。

| | コメント (1)

質問の鬼。

新しいプロジェクトを立ち上げる、レクチャーをする。

こういった場合、まずやることは、「情報収集」です。
変態的と、相手に引かれることもあるくらい、徹底的に質問していきます。

情報収集も重要ですが、このプロセスで、お話している相手にも、変化があるかも知れません。

| | コメント (0)

2009.06.25

ホンビノス貝。

ホンビノス貝。
ホンビノス貝。
ホンビノス貝。
ホンビノス貝。
船橋の漁師さんご用達の居酒屋「たかゆう」。

ホンビノス貝の浜焼きと、バター焼き。

トリ貝のおさしみ。

ホンビノス貝の濃厚な旨味がたまりません。

トリ貝は、柔らかくて、甘〜い!

| | コメント (0)

海老川。

海老川。

| | コメント (0)

地域のためのアートマネジメント講座。

こちらも。軽い気持ちでお引き受けしたら、すごい講師陣・・・。
ちなみに、すでに受付締め切りだそうです。

「地域のためのアートマネジメント講座」
http://www.ur-plaza.osaka-cu.ac.jp/2009/05/20095-9-10.html

| | コメント (0)

大木裕之プレゼンツ 『たまたま7.5』

えー、なんか出ることになってしまいました。
それにしても、すごいメンツですな。

大木裕之プレゼンツ 『たまたま7.5』

会場:Art Land(JR武蔵小金井南口下車、徒歩2分)

7/3(金)
〇尾張美途(ライブ)
〇坂本倫子(リーディング from 別府)+下山浩一(コミュニティアート・ふなばし)~ディスカッション
〇安野太郎(音楽パフォーマンス)
〇U3(波)
〇山本泰輔(モッティ~BABY Q ダンス)
〇pinkman(ライブペインティング)

7/4(土)
〇大橋可也+ダンサーズ(ダンス)
〇ズルムケ直樹(パフォーマンス from京都)
〇Taske(ライブ)
〇佐々木友紀(ビデオ作品上映)
〇多田正美(サウンドパフォーマンス)
〇aokid(ダンス)

7/5(日)
〇クリストフ・シャルル(電子音楽)
〇田口アヤコ(一人芝居)
〇ミラクル☆パッションズ(紙芝居)
〇松井茂(具体詩?)
〇山崎幹夫(8ミリ映画フィルム上映)
〇福田将就(演劇)
〇マグナテック(ノイズ+ダンス)

●展示・インスタレーション・アクション系
〇キクプロジェクト(上映)
〇majimaji(アクション)
〇鵜飼悠(写真)
〇ヌケメ(パンツ囲碁)
〇濱田公望(上映from高知)
〇ACUTE(グラフィティ from岡山)
〇1125(インスタレーション from香川+徳島)
〇彦坂尚嘉(平面)
〇UNKO(整体・針灸)
〇高橋トオル(お遊戯)
〇LAla(お母さんと一緒)
〇m2c(七夕)
〇YUTAKA(GOGOBOYS)
〇森美千代(ネオキュビスム写真from札幌)
〇たけむら千夏(写真アクション from明石)
〇新井宏輔(写真)
〇BABY.MSR(写真)
〇鈴木平人(アクション)
●chim↑pom↓(たまたまアクション)
●DJピロピロ+クミコスキー(トリシャ・ブラウン突っ込み!)

●大木裕之映像作品上映

〇『メイ』
〇『口那木(ナム)』
〇『ウム/オム1』
〇『松前君の愛の日記帳』
〇『マオーオンザバルコニー』
他、
すべて最新編集バージョン

| | コメント (0)

森田健作。

馬鹿さばかりが目立ちますな。

千葉県民辞めたい。

| | コメント (0)

2009.06.24

office2007の使いにくさは、異常。

office2007、なかでもwordの使いにくさは、異常だと思います。

ユーザーが使いやすいように、カスタマイズしようと思っても、どこをいじったらいいのか、ぜんぜん分らない・・・。

マイクロソフトとか、自民党とか、TV局とか、どれもはやく滅びて欲しいです。

| | コメント (2)

2009.06.23

お金を使うヒマがない

のです。

| | コメント (0)

2009.06.22

河童と遊ぶ。

ADHDとおぼしき子と、遊ぶ。

バーバルコミュニケーションではなく、ボーカルなコミュニケーションが有効な訳ですが、僕は何を隠そう、ボーカルコミュニケーションが得意。

言葉が通じない、河童と遊んだような楽しさでした。

子どもを、「河童」とか形容して良いものか、とも思いますが、「馬鹿」とか「死ね」とか「殴るぞ」とか言ってる相手の子からすると、僕も「河童」のような存在かも知れませんから、まーいいかと(笑)

| | コメント (0)

2009.06.21

世代間闘争ですよ。

とある公共事業の、制度設計ちう。

現在の日本において、公共事業を考える際には、どのような人材を配置して、チームをつくり、成果をあげるかは、「世代」を考えないわけには、いきません。

| | コメント (0)

2009.06.20

「アサヒ・アート・フェスティバル2009」グランドオープン・パーティ。

「アサヒ・アート・フェスティバル2009」グランドオープン・パーティ。
ゲストを含めると、総勢250名!

10代20代の方がとても多いのが特徴です。

全国各地のアートの創り手は、確実に次世代が育ってます。

| | コメント (0)

クリエーターのためのアートマネジメント。

作田友樹さんの新作。

読みはじめたばかりですか、とても良いです。

読者とのコミュニケーションが出来る、非常に優れた書き手でいらっしゃいます。

| | コメント (0)

2009.06.19

川端道喜。

川端道喜。
とんぼ返りの合間を縫って、京都の「川端道喜」へ。

花びら餅、粽で有名なお店ですが、予約しないと買えないので、やっとこさ、チャンス到来!

吉野葛の「水仙ちまき」と、小豆餡仕立ての「羊羹ちまき」。

楽しみぃ〜。

| | コメント (0)

Taverna Kappa。

Taverna Kappa。
Taverna Kappa。
Taverna Kappa。
Taverna Kappa。
草津のイタリアン「Taverna Kappa」。

お店で出す野菜は、自家菜園で採れたもの、とのことで、遅いランチに伺いました。

2500円のコースは、

・前菜かスープ
・パスタ
・鶏モモ肉と新ジャガのロースト、ローズマリー風味
・デザート盛り合わせ
・コーヒー

パスタは、リストから好きなものを選べます。
僕は、手打ちパスタのアサリトマトソースを。

どの皿も、食材のパワーが凝縮されたような、凛々しいお味でした。

鶏モモ肉と新ジャガのローストは、ご主人が「主役はジャガ芋です」と言い切る通り、新ジャガが、爽やかで濃厚。
鶏もギュッと旨味が詰まっり、香ばしく、ヨダレが止まりません。

デザート盛り合わせのパンナコッタが素晴らしい出来で、食べ終わるのか悲しくなるほどでした。
コーヒーに口をつけて、びっくり!
美味しい!
ランチセットのデザート、コーヒーなのに、手抜きが一切なし。

美味と、ご主人の心意気に陶然とするランチでした。

| | コメント (0)

2009.06.18

長浜「住茂登」で、琵琶湖の湖魚三昧。

長浜「住茂登」で、琵琶湖の湖魚三昧。
長浜「住茂登」で、琵琶湖の湖魚三昧。
長浜「住茂登」で、琵琶湖の湖魚三昧。
長浜「住茂登」で、琵琶湖の湖魚三昧。
長浜「住茂登」で、琵琶湖の湖魚三昧。
長浜「住茂登」で、琵琶湖の湖魚三昧。
長浜「住茂登」で、琵琶湖の湖魚三昧。
長浜「住茂登」で、琵琶湖の湖魚三昧。
長浜「住茂登」で、琵琶湖の湖魚三昧。
長浜「住茂登」で、琵琶湖の湖魚三昧。
琵琶湖産の天然うなぎ、ビワマス、あゆ、ヤマトゴイ、そして自家製鮒ずし。

どの皿も、お味が濃厚かつ爽やか。
最強でした。

| | コメント (0)

長浜、びっくり!

長浜、びっくり!
長浜、びっくり!
長浜、びっくり!
こ、この街並は、一体何なんでしょう…???

町中が、ゆったりとして、アッパーな空気き満たされてます。

| | コメント (0)

琵琶湖でございます。

琵琶湖でございます。

| | コメント (0)

2009.06.15

コミュニティアート映像祭in吾妻橋。

コミュニティアート映像祭in吾妻橋。

| | コメント (0)

2009.06.11

暴走族を「ダサイ族」と呼ぶならば。

「腐女子」も、もっと当人が嫌がるような呼称を付けてやってください。

女性のモラトリアム期を表す「女子」が入ってるから、肯定感があるんだと思いますよ。

セクシャルファンタジーは、時として、他者の人権を踏みにじる危うさがあるわけですから、欲望の表現には、節度とクールな自己客観視点が欲しいものです。

| | コメント (0)

2009.06.09

アサヒ・アート・フェスティバル実行委員会。

アサヒ・アート・フェスティバル実行委員会。
アサヒ・アート・フェスティバル実行委員会。
アサヒ・アート・フェスティバル実行委員会。
今日の議題は、グランドオープン・パーティ、プロジェクトの検証など。

地域密着型アートプロジェクトは、外部から見てとてもわかりにくいと指摘を受けることがあります。

「見るものじゃなく、参加するもんだよ!」というのも、正しいんですが、単に広報スキルが低いだけ、というケースも多いので、発展の余地がある分野です。

| | コメント (0)

2009.06.08

心が弱ってる。

心が弱ってるのでしょうか…。

「すき家」で食事してるカップルを見て、うらやましいと思ってしまいました。

| | コメント (0)

人は城、人は石垣、人は堀。

「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり」

コミュニティアート城のためにあるような言葉です。

か弱い庶民にとっての「城」とは、人のご縁そのものなのです。

| | コメント (2)

2009.06.07

関やど。

関やど。
松戸の宝、「関やど」。

つゆが、キリっとした辛口で、美味しいです。

| | コメント (0)

東京都の文化政策について勉強中。

その名も「東京都の文化政策」というページがあります。
http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/bunka/

「東京芸術文化評議会」の議事録を読むと、石原知事や、猪瀬副知事まで出席してガンガン発言していて、びっくり。
一読の価値ありです。

ちなみに、「千葉県の文化政策」というページは、見つかりませんでした。

| | コメント (0)

2009.06.06

こんにちは。

こんにちは。

| | コメント (0)

2009.06.05

クスリ。

クスリ。
このクスリっぽい味が好き。

| | コメント (0)

カウンセリングの基礎。

アートプロジェクトを立ち上げる、コミュニティアートを展開させる、という場合、膨大な人数の人とお話をしていきます。

僕は、こうした場数を踏んでいるわけですが、カウンセリングの基礎を徹底的に叩き込んでいることが非常に役立っています。

相手に「自分の話がきちんと伝わった」
と確信を持っていただけるような「聞き方」は、スキルによるものです。

コミュニケーションは、属人的なものと考えている人も多いのですが、スキルが重要なのです。

コミュニティアートの現場で使用頻度が高いスキルは、僕の場合、

・傾聴
・エンカウンターミーティング

です。

| | コメント (0)

2009.06.04

江田賢司。

江田賢司。
演説がうまい。

野やしき いとこさんは、身長が低いのに、グレーのジャケット+黒のプリーツスカートの、セパレートカラーで、変。

ファッションがダメでは、政治家は無理ではないでしょうか。

| | コメント (0)

2009.06.02

おはようございます。

おはようございます。

| | コメント (0)

2009.06.01

光の庭の子どもたちは、

光であり 子ども
波であり 存在
賢であり 愚
美であり 醜
大木作品であり 大木作品でない
晶生くんであり 晶生くんでない
家入くんであり 家入くんでない
別府であり 別府でない
快楽であり 身体であり 魅力であり 才能であり 霊であり 生そのもの

精神文化 そのもの


作品に導かれて 魂の旅が続く

| | コメント (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »