« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008.10.28

予想通りChim↑Pomは、

あんまり面白い見解がでませんな。
そもそも、事実関係をきちんと押さえないで、ピンボケなまま、感想を書き散らしている人が、ほとんどだし。

今の日本では、職業・経済階層・年齢・住んでいる地域などが違えば、共有できる言語が非常に少なくなっています。

ですから、同じコミュニティに所属していない人同士が、会話するには、「ケニア人と韓国人が英語で話し合う」くらいの覚悟でないと、コミュニケーション出来ないです。

それにも関わらず、「一応日本語」を書いたり話したりすればオゲ!と思ってる社会的&文化的引きこもりばかりだと思いました。

引きこもりは、今や日本を代表する新しいカルチャーです。

| | コメント (1)

2008.10.25

「イーグル・アイ」。

「イーグル・アイ」。
新宿で映画を見る時は、伊勢丹で食料を買い込むことにしてます。

今日は「セバスチャン・ブイエ」でマカロン。

「イーグル・アイ」は、アイディアこそ新味ないものの(星新一の「声の網」です)、超弩級のビジュアルで、呆然とさせられます。

「ブラッド・ダイヤモンド」も凄かったですが、ハリウッドの巨大プロダクトが社会的トピックに取り組むとこうなるという見本ですね。

最高クラスの映画館で見るべき作品です。

| | コメント (0)

2008.10.23

Chim↑Pom。

なんか、対して議論も思考も深まらなそう。

責任逃れのオンパレードも含めて、アホらし。

淘汰されるべき者たちが淘汰されただけ?

| | コメント (0)

ポタライブサイト、アップデイト。

Pota2008m_3

ポタライブサイトの情報がアップデイトされました。
http://d.hatena.ne.jp/POTALIVE/

最近のポタライブは、予約で満席になってしまうことが多いので、確実にご覧いただくには、ぜひご予約ください。

| | コメント (0)

2008.10.22

月刊プロボーラー。

News_large_gekkanprobowler_eretro
月刊プロボーラー「eRETRO」がいいかんじ。

「SUMMER OF LOVE」「LOVE is OVERDRIVE」「ヒカリノホタル」のポップさがおもしろいですー。
J-POPみたいな“ハウス”とか、四畳半フォークみたいな“フォーキーなHIPHOP”は、ゴミだと苦々しく思ってるワタクシですが、月刊プロボーラーはヴォーカルを楽器のように使っていてクール。

音の解像度がイマイチなのは、iPODで聴いてるせいでしょうか?

| | コメント (1)

2008.10.21

Hey!Say!JUMP。

Hey!Say!JUMP。
タワレコにて。

この3組の中で、SEAMOが1番サウンドとしてダメなのは、ちょっとどうかと思う今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

Hey!Say!JUMPは、少年の声をフィーチャーしたエレクトロポップとして、何故かクレジットが無い、プロデューサー氏の作品として発表されていたら、さらに尊敬の念が深まったと思います。
Remixが聴きたいです。

今日買った、月刊プロボーラーは、別エントリーでっ☆

| | コメント (1)

2008.10.20

「セルフ」。

「セルフ」。
スピリッツで連載している「セルフ」、これまで読み飛ばしてきましたが、だんだん面白くなってきました。

小学生の頃からモテモテで、女性に不自由しなかったため、オナニー経験がない24歳主人公が、ある日、人生で初めてオナニーに目覚めるというお話。

ヘテロセクシャル男性の性感をテーマにした作品は、小説もマンガもほとんどないので、興味深いです。

| | コメント (0)

2008.10.18

パクチー満腹。

Image210 Image209
「コミュニティアート映像祭」@経堂、会場のパクチーハウス東京のセッティングが、諸事情で遅れ、焦りながら始まりました。
窓の下の、経堂の商店街のざわめきと混じりあう「取手の音楽」「光の庭の子どもたち」は、格別でした。
「ほんがら」を上映していると、農大の神輿のパレードが、映像の神輿のシーンとシンクロしたり。

ディナータイムがまたすごかった。

パクチーハウス東京は、大人気のレストランなので、予約のお客様が、次々押し寄せるなかの上映は、経験したことのないタイプの緊張でした。
お食事目当てのお客様にも、好感をもって受け入れていただいたように思います。
そして!
今日は、パクチー料理を食べまくりでした。
パクチーサラダ、生春巻、砂肝炒め、ピータン豆腐、まぜご飯、フォー、どれもパクチー満載!
特に美味しかったのが、「ヤンパク」という羊肉を山盛りパクチーに乗せたもの。パクチーソースで和えたパスタ。そしてパクチー塩風味のアイスクリーム。
パクチーの風味も、調理法が違うと、かなり異なっていて、一皿ごとに驚きがっ。
店長の佐谷さんの世界が現された、パワフルな空間でした。

Image217_2
佐谷さん、相田さん、良い機会を与えていただき、本当にありがとうございました。
ノボリトゆうえん隊の大菊さんと市橋さん、根岸さん、近藤さん、来てくれてありがとうございます〜。

| | コメント (0)

「Beautiful Sunrise DAISHIDANCE REMIX」。

Aptweapons

Studio Apartment「Beautiful Sunrise」のDAISHIDANCE REMIXが、HMV限定で出てると聞き、買いに走りました。
もっと原形をとどめないくらいやって欲しかったけど、聞き込むと、感想が変わりそうな予感も。

銀座イズムの福島物産展で売っていたお漬け物が、化学調味料無添加でものすごく美味しかったので、持ち切れないほど買ってしまい、さらにその横で売っていた蜂蜜が、尋常でない強烈な美味しさだったので、これまた大人買いしてしまいました。
いろいろテイスティングさせてくれたのですが、「そば」の黒蜜のような味わいもさることながら、「りんご」の強烈で爽やかな味と香りに衝撃を受けました。

これはスゴイ。

売り場の養蜂園の方に伺ったところ、ミツバチ一匹が一生に集めることができる蜂蜜は、なんとスプーン一杯くらいだそうです。
一瓶の蜂蜜は、宝物のように貴重なものなんですね〜。

久々に良い買い物ができました。

| | コメント (0)

2008.10.17

明日は、パクチーハウス東京で「コミュニティアート映像祭」です。

Posterbkkdog
「コミュニティアート映像祭」@経堂のご案内です。

船橋からスタートした巡回型映像イベント「コミュニティアート映像祭」の4つめの会場は、世界初のパクチー料理専門店パクチーハウス東京です。
週末はなかなか予約が取れない人気店です。
パクチーハウス東京の店長・佐谷さんは、著書「ぱくぱく!パクチー―悪魔的においしい食べ方・育て方and MORE!」を上梓したばかりの、パクチー界(?)のドンです。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/479583783X/beemanet-22

会場では、「コミュニティアート映像祭」出品作家でもあり、タイと日本をつなぐアートプロジェクトで知られるアーティスト・相田ちひろさんコーディネートによるグループ展「viridian」が開催されております。
会期中限定メニューのパクチーハウス東京開発の「レンコン×パクチー+アンチャンドリンク(コバルトブルーのタイのお花を使ったドリンク)」もお待ちしております。

コミュニティとコミュニティが重なり、混じり合う、「コミュニティアート映像祭」ならではの化学反応をお楽しみください。

+++

「コミュニティアート映像祭」@経堂

【会場】パクチーハウス東京
●10月18日(土)

13:00-15:00 「取手の音楽」「BKK犬」「光の庭の子どもたち」
15:00-17:00 「ほんがら」
17:00-19:00 「セクション1-2-3」「BKK犬」「BEPPU PROJECT2006」
19:00-21:00 「セクション1-2-3」「BKK犬」「BEPPU PROJECT2006」
21:00~   ミニトーク:相田ちひろ

※会場は、レストランです。18:00以降はディナータイムです。豊富なパクチー料理の数々をお楽しみください。18:00以前は喫茶メニューのみです。
※タイムテーブルに変更がありました。

会場URL:http://paxihouse.com/ tel.03-6310-0355
小田急線経堂駅南口下車、徒歩10分

【料金】
入場無料(満足度に応じた額のカンパをお願いいたします。今後の映像祭の運営資金とさせていただきます。)

【主催】
特定非営利活動法人コミュニティアート・ふなばし
〒273-0005 船橋市本町4-40-23 本町フリーマーケット内
http://www.communityart.net

 

| | コメント (0)

2008.10.16

ポタライブのフライヤー。

Pota2008m_3

「ポタライブ」のフライヤーのデザインが上がりました!
とてもステキに仕上がっていると思います。
デザイナーの八重樫さん、ありがとうございました。

さあ、宣伝宣伝♪

| | コメント (0)

メールアドレス。

・パソコン宛てのメールは、携帯に転送するように設定するか、携帯でウェブメールを見られるようにしておいて欲しいです。

・携帯では、パソコンからのメールを受信できるようにしておいて欲しいです。

↑こんなコト、個別に言うのめんどくさいにゃー。

| | コメント (0)

2008.10.15

「セクション1-2-3」と「兄の部屋」。

Image069

「コミュニティアート映画祭」@akta、2日目。

本日の上映昨日は、「セクション1-2-3」「兄の部屋」

「セクション1-2-3」は、向島を舞台にした、スケーターの物語です。
今日は観ていて、スケーターたちが作り上げていく、緩いコミュニティの盛衰記が、ココロに残りました。
物語が、2007年から3011年までを描いているところも、興味深かったです。

「兄の部屋」は、船橋会場からさらに練ったバージョンとなっていて、切れ味よくなっていました。
現在の日本のゲイ・コミュニティから生まれたものとして、優れた作品と言えると思います。

大木監督は、自作の上映がないのに来てくれ、とても嬉しかった。

aktaでの上映は、「コミュニティアート映画祭」の理想的な姿を示すことができました。
ご来場いただいたお客様、ジャンジさん、張さん、aktaのスタッフの皆さま、ありがとうございました。

写真は、上映後のミニトークの西村知巳さん。

| | コメント (0)

コミュニティアート映画祭@akta

コミュニティアート映画祭が、後半の会場に移りました。

今日と明日は、新宿二丁目の、コミュニティセンターaktaでの開催です。

aktaは、厚生労働省が設置した、HIV/AIDSの啓蒙のための情報センターです。

今日のプログラムは、「ほんがら」と「光の庭の子どもたち」。

「ほんがら」は、何回見ても、冒頭の宴会でおじいさんが江州音頭を歌うシーンで、頬が緩んでしまいます。
伝統的な地域コミュニティで代替わりを進めていくという裏テーマが、ココロに刺さります。
伝統的なコミュニティは、時として、個人を苦しめ、圧殺する存在であり、そこから逃げたい人が集うこの大都会の真ん中での上映は、とても味わい深いものとなりました。

「光の庭の子どもたち」は…作品が出来ていませんでした。
aktaでの上映に向けて、大木監督は、新しいバージョンを編集…が終わらず、「ほんがら」の上映後しばしお客様に待っていただき、上映開始。

これが、素晴らしい内容でした。
この10年の間で、最もソリッドなバージョンとなりました。

ワークショップ、ダンスのシーンのカッコイイこと!
大木監督の力量に改めて感服いたしました。

明日は、「セクション1-2-3」と「兄の部屋」です。
どちらもオススメなので、是非!

そりにしても、この「コミュニティアート映画祭」は、まったく新しいプロジェクトなのに、既存の物差しであれこれ言う人がけっこういて、閉口しますー。

| | コメント (0)

2008.10.13

岸井大輔さんの新プロジェクト。

11月のポタライブに併せてスタートする、岸井大輔さんの新プロジェクトが決まりました。
トータル8時間に及ぶロングトークです。


◆ポタライブ元主宰岸井による新プロジェクト playworks #0
「沈黙のトークショー」

出演:岸井大輔(劇作家)+米光一成(ゲームデザイナー)+ゲスト
日時:2008年11月29日(土)
 第一部「勇気だけでは黙れないから」13:00-15:00
 第二部「ただ待ってることは待ってることにならないのか」15:30-17:30
 第三部「好きなように喋ってと言われても」18:00-20:00
 第四部「本番という言葉を使わせてくれ」20:30-22:30
会場:ステーキハウス・ヒロキ(船橋市本町4-40-23 本町フリーマーケット2階)
   JR船橋駅南口下車徒歩7分
料金:各1部1000円
   4部ロングラン挑戦券2000円(ただし第1部スタート前までの販売)

ぷよぷよのゲームデザイナー米光とポタライブ元主宰の劇作家岸井。共通のキーワードはPLAYだ。「演劇をPLAYする」「ゲームをPLAYする」PLAYというひとつの言葉を違う角度から眺めている2人が語る。テーマは沈黙。われわれは沈黙すべきではないか。コミュニケーションを中断する沈黙ではなく、PLAYするための沈黙。2時間の4部構成、8時間のロングトークである。

・岸井大輔「劇作家 岸井大輔 WEB SITE」
・米光一成「こどものもうそうblog」


詳しい地図で見る

| | コメント (0)

yumaのアルバムが良すぎる。

L_d71901713a9ad427ac1d0b955051fb8d

yumaのアルバム「SOUND MULTIPLY」が良すぎる。
1曲目の「Trace of Wind」から、甘い蜜のように濃厚で、優雅な音空間に焦ってしまいます。

| | コメント (0)

2008.10.12

満員御礼。

なんか、今日はやたらといろいろな人に、悩み事相談をされる日でした。

立て続けに3人というのは、さすがに脳貧血になりそうでした。

| | コメント (0)

2008.10.10

船橋商工会議所で3時間。

船橋商工会議所で3時間。
11 月のプロジェクトの内容がほぼ固まったので、船橋商工会議所に、ご挨拶に伺う。

まちづくり関係を担当してくださっているサトウさんと、つい話し込んで、気がついたら3時間も経ってました…。

今、船橋はあちこちで、まちづくりの取り組みが、熟しつつあります。

| | コメント (0)

2008.10.08

松川亭。

松川亭。
11月のプロジェクトの打ち合わせで、東通り商店会の会長・吉岡さんのお店に伺う。

吉岡さんは、船橋のウォーキングディクショナリーのような方で、デスクの後ろの本棚から、まちの古い資料が出てくる出てくる。

今日は、もっぱら「船橋ヘルスセンター」のお話を伺いました。

※船橋ヘルスセンターについては、このサイトがわかりやすいです。

写真は、吉岡さんに教えていただいた、松川亭という手焼きせんべいのお店の跡。

| | コメント (1)

aktaとパクチーハウス東京で「コミュニティアート映像祭2008」です。

Caif08

「コミュニティアート映像祭2008」後半プログラムのご案内です。
全国初のコミュニティアートに関する映像イベント「コミュニティアート映像祭2008」は、船橋・川口で、大好評をいただきました!
後半の新宿・経堂の2会場のご案内です。

新宿会場「community center akta」は、東洋一のゲイタウン新宿二丁目の中心に位置する、HIV/エイズをはじめとした性感染症の情報センターです。
ゲイ・レズビアンのことなどセクシュアリティにまつわる情報も閲覧できるほか、一年を通じてさまざまな展覧会・ワークショップが展開されています。

経堂会場「パクチーハウス東京」は、"旅と平和"をコンセプトにした、世界初のパクチー料理専門店です。
パクチーのお酒、メインからパスタ、そしてデザートに至るまで、パクチーづくしです!
TVや雑誌でも話題のお店で、週末は予約が取れない日が続出だそうです。
当日は、おいしいパクチー料理と映像をお楽しみいただく趣向です。

【新宿会場】community center akta (都営新宿線・丸ノ内線新宿三丁目駅下車徒歩5分)
●10月14日(火)
19:00-21:00 「光の庭の子どもたち」「ほんがら」
●10月15日(水)
19:00-21:00 「兄の部屋」「セクション1-2-3」※終了後、ミニトークあり。
会場URL:http://www.rainbowring.org/akta/
会場電話:03-3226-8998

【経堂会場】パクチーハウス東京(小田急線経堂駅南口下車徒歩7分)
●10月18日(土)

13:00-15:00 「取手の音楽」「BKK犬」「光の庭の子どもたち」
15:00-17:00 「ほんがら」
17:00-19:00 「セクション1-2-3」「BKK犬」「BEPPU PROJECT2006」
19:00-21:00 「セクション1-2-3」「BKK犬」「BEPPU PROJECT2006」
21:00〜   ミニトーク:相田ちひろ
※会場は、レストランです。18:00以降はディナータイムです。豊富なパクチー料理の数々をお楽しみください。
※タイムテーブルに変更がありました。

※10月14日(火)~11月2日(日) 、同会場で「コミュニティアート映像祭2008」参加アーティストの1人、相田ちひろさんがオーガナイズするグループ展[ v i r i d i a n ]が開催されています。併せてお楽しみください。
詳しくはこちら!→http://www.renconart.info/

会場URL:http://paxihouse.com/tokyo/
会場電話:03-6310-0355

【主催】
特定非営利活動法人コミュニティアート・ふなばし

〒273-0005 船橋市本町4-40-23 本町フリーマーケット内 
http://www.communityart.net

| | コメント (0)

全国アートNPOフォーラム in 沖縄。

Flyer08_2

今年の全国アートNPOフォーラムは、沖縄です!
日本のアートNPOの取り組みの最前線が集まります。
ぜひ、ご参加ください。


※転載・転送大歓迎です ご興味ご関心のある方にご紹介ください。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
          全国アートNPOフォーラム in 沖縄
         「芸術文化による新たな自治の創造」
              予約受付中!
       詳細→ http://arts-npo.org/anf2008_okinawa.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アートNPOは、市民自治の理念にもとづき、アートと社会の橋渡しを通して、幅広く領域をこえたNPOと連携し、豊かな市民社会を創出する役割を担っています。
アートは社会の変化を先取りする力を持っており、アートNPOは、社会を変革する潮流において大きな力を発揮できると考えます。
そして、芸術文化(アート)は社会課題の解決と無縁でなく、「新しい公共」を実現する上でも大きな役割を果たすという認識が浸透しはじめています。
その認識がさらに広がるには、市民が生活の中で芸術文化を語り、捉え直し、当事者となり芸術文化に参画することが不可欠です。
ここ沖縄では、芸術文化は社会の中に存在し、息づき、生活のリズムを生み出していました。新たな市民社会の到来を迎えつつあるいまこそ、芸術文化の価値、意味を見つめ直し、芸術文化がもっていた意義を再構築することが必要です。
「全国アートNPOフォーラムin沖縄」では、活動内容や形態を異にするさまざまな全国のアートNPOが集い、討論する場を設けます。
初日は、沖縄で活動するNPOによる芸術文化と自治に関する基調報告を、そして、さまざまな活動を紹介し、芸術へ参画する主体の拡大をもくろみます。
翌日の銀天街では、地域の方々に“銀天街とアート”について語っていただき、その意義を確認します。
最終日は、昨年の淡路島フォーラムで誕生した議定書を発表し、市民が主体的に芸術文化に参画することで、外来の価値観に捕われず地域から立ち上がる価値を見つめ直す、新しい公共・市民自治における芸術文化の役割について議論します。
芸術文化に関わる多様な主体がうまれること、市民が当事者となって幅広い芸術活動が育まれること、さらに芸術に関する議論の文化を醸成し、ゆるやかな市民のつながりをうみだすこと、それがフォーラムの使命です。
────────────────────────────────────
日 時:2008年11月21日(金)〜23日(日)
内 容:<21日[金]・1日目> 基調報告&プレゼン@久茂地公民館(那覇市)
     14:30 スタート
     15:00 基調報告「芸術文化による新たな自治の創造」
         NPO法人琉・動・体
     15:45 プレゼンテーション
         1 NPO法人うてぃ〜らみや
         2 NPO法人島の風
         3 NPO法人珊瑚舎スコーレ
         4 NPO法人なはまちづくりネット
         5 ワナキオ実行委員会
     17:00 ディスカッション
     19:00 交流会&ウェルカムパーティー☆
    <22日[土]・2日目>銀天街セッション@銀天街(沖縄市)
     12:30 バスツアー
     16:00 銀天街セッション「アートがまちにやってきた!」
     18:00 交流会 銀天街を楽しもう!
     20:00 音楽のまちナイトツアー
    <23日[日]・3日目>議定書発表&那覇セッション@栄町市場(那覇市)
     13:00 発表『淡路島アート議定書!』
     13:30 報告&ディスカッション
        「芸術文化による新たな自治の創造
         〜市民自治、アート、そしてアジア」
     17:30頃終了予定
会 場:21日= 那覇市久茂地公民館(那覇市久茂地・最寄り県庁前駅すぐ)
    22日=バス集合:沖縄県立博物館・美術館駐車場
      =会場:銀天街(沖縄市照屋・コザ十字路すぐ)
    23日=栄町市場(那覇市安里・最寄り安里駅すぐ)
予 約:下記を記載のうえ、メール、ファックスまたは郵送にてお申し込みく
    ださい。
    (1)名前(ふりがな)、(2)所属、(3)参加日、
    (4)メールアドレス、(5)当日連絡のつく携帯番号、
    (6)22日コザ行き送迎バスの乗車<往路・復路・予約しない>
    (7)22日ナイトツアーの参加可否
予約先:E-mail forum08@arts-npo.org
    FAX  098-885-9371
    郵送先 〒902-0067 那覇市安里385 栄町市場内おきなわ時間美術館
        「フォーラム事務局」宛
問合せ:NPO法人 アートNPOリンク
    TEL 080-2444-6322 (11:00〜19:00)
    E-mail anl@arts-npo.org
ウェブ:http://arts-npo.org/anf2008_okinawa.html
────────────────────────────────────
主 催:NPO法人前島アートセンター
    スタジオ解放区
    NPO法人アートNPOリンク
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■現地実行委員よりコメント
────────────────────────────────────
青い海、青い空、珊瑚礁に囲まれた自然豊かな癒しの島。
伝統芸能や伝統工芸、今なお受け継がれる琉球王朝文化。
健康長寿、元気でタフなやさしいおばぁ。
基地とロック、色濃く残るアメリカ文化の影響。
どこかから与えられた価値観ではなく、地域のリアリティに基づいた表現を模索していく。過去の出来事やステレオタイプなイメージに固執することなく、現状をみつめ、未来を拓く。「アート」には、その力がある!

私たち前島アートセンターとスタジオ解放区は、「全国アート NPOフォーラム in 沖縄」と連携して、「wanakio(ワナキオ)」というまちの中のアート展を開催します。
「okinawa(オキナワ)」を並べ替えたこのタイトルには、沖縄を多角的なアートの視点で捉え直し、あらたな価値を見いだすとともに、そこから今日的な表現を創造するという意味が込められています。

「全国アートNPOフォーラム in 沖縄」では、沖縄の状況や実践事例を踏まえ、全国の方々と、各地のアートの状況や枠組み、価値の多様性についてともに考え、地方でアーティストやアートNPOが自活していくにはどうすればいいかを話し合います。そして、地域固有の、その地でしか生まれえない価値観をもとに、新しい芸術文化を創造することの意義を議論できればと思っています。

みなさまのご来島をお待ちしております。
                  NPO法人 前島アートセンター 宮城 潤
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         まちの中のアート展「wanakio2008」
         2008年11月15日(土)〜30日(日)
         詳細→ http://www.wanakio.com/

| | コメント (0)

2008.10.03

明日の予定。

午前~午後、船橋でミラクル☆パッションズのプロジェクトのロケハン。
夜、COLLOL 公演「ひらかなくてもよい ~ 泉鏡花 作「天守物語」より ~」を観て、その後、ARATANIURANOの大木裕之さんの個展のオープニングパーティに行く。

の予定。

| | コメント (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »