« 西村知巳「兄の部屋」。 | トップページ | 自分自身の主人になる。 »

2007.11.24

井手実「フェード」。

井手実「フェード」。
「BankART Cafe Live Series2007」の企画に井手実さんが参加されているので、BankART NYKに伺う。
今回は、声のアーティスト・山崎阿弥さんとのコラボレーションです。※以下、敬称略。

BankART NYK2階・風除室をのガラス箱状態の空間と、運河の向こう側までを借景してのパフォーマンス。

山崎阿弥のボイスパフォーマンスが素晴らしかった。
ふくよかな声が的確にコントロールされ、即興のボイスパフォーマンスにありがちのだらし無さがない。
山崎阿弥の声に酔っていると、ガラスの向こう側に井手実が登場し、緊張感が高まる。
こちらに背を向けて立ち尽くす井手。パフォーマーが動かないことにより、観客の視線の方が動いてしまい、勢い壁のコンクリートやガラスの質感が迫ってくる。

パフォーマンスはシンプルな動きながら、唇や眼球、髪の毛の揺れまでもがコントロールされているようだ。

運河の向こう側の風景と、目前の緻密なパフォーマンスを同時に見せられていると、「サイズ」の概念が消失してくる感覚を覚えた。

スタイリッシュな空間で行われているために解りづらいかもしれませんが、極大と極小を飛び交うこのパフォーマンスは、極めて呪術的と言えるでしょう。

問題は、この極上のアートに、社会がついて来れてない(≒カテゴライズができない)ということで、風景に入り込み、ヴィジョンを操るこのアーティストの特殊能力に私たちがもっともっと学ぶ姿勢が必要だろう。

井手さん、山崎さん、お疲れ様でした。

|

« 西村知巳「兄の部屋」。 | トップページ | 自分自身の主人になる。 »

「アート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 西村知巳「兄の部屋」。 | トップページ | 自分自身の主人になる。 »