« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007.06.30

コミ戦。


参議院選ですねー。

「チーム世耕」とか「コミ戦」とか、またしゃらくさい連中が、世論操作に走り回るんだろう。

TVとか新聞とか雑誌とかネットとか。

政治がどのように語られるのか、心して見ないといけませんね。あるいは、そういったものを「見ない」というのも大事かも。

そして、政府に都合の良いタイミングで大事件が起こる、と。

| | コメント (0)

2007.06.29

はんせい…。

Tex

寝る前に「悪魔のいけにえ」は見てはいけない…。

トイレ行けないです。ぐぐぐ・・・。

| | コメント (1)

2007.06.28

「桜は必ず…」。

うおお。

「ドラゴン桜」の最終回、身が震えた。

「桜は必ず…咲くから」。

三田紀房は、「マネーの拳」も面白いし、のってますね!
絵柄がダサいが、群集劇がほんと上手い。

就活モノの「銀のアンカー」はウンチクに走りすぎという気がしますが、こちらも目が離せません。

| | コメント (0)

2007.06.27

松戸でばったり。

松戸の駅近くの道端でぼーっと座ってたら、前島アートセンターの宮城さんに会った。

って、なんで宮城さんが松戸にいるの!?

宮城さんは今年から地元の自治会の皆さんの推薦で公民館の民間人館長さんになって(すごい)、その研修でこちらにいらしているのだそうです。

拠点のビルが無くなり団体として新しくなった前島アートセンターのお話や、地域のアート活動の評価についてなどなど、路上トークが弾みました(笑)

| | コメント (0)

「妖怪のお医者さん」。

「妖怪のお医者さん」。
「妖怪のお医者さん」一巻。

不覚にも、読んでて泣きそうになってしまいました。

いじめ世代の妖怪ものらしく、「本当に怖いのは人の闇」という前提が繰り返し提示されているあたり、とても共感できるし、自分自身もけっしてイノセントな存在ではなく、加害者になっているということも、きちんと描かれ、「妖怪という異文化」がエロカワイイ筆致で伸び伸び展開されている秀作です。

週刊少年マガジン、あなどれません。

今後が気掛かりだけと、あんまし大風呂敷を広げないで、学園妖怪モノとして地味に続けて欲しいなぁ。

| | コメント (0)

2007.06.24

朝の贅沢。

朝の贅沢。
ネジバナのお花畑。

| | コメント (2)

2007.06.22

牧岡奈美+前山真吾@まれまれ(新宿)

| | コメント (0)

2007.06.20

渚カヲル。

渚カヲル。
貞本エヴァ、佳境。

アスカが廃人になり、カヲルはプッチン。

内的イメージとして「闘っていた」ボーイズ&ガールズは、ナルシシズムの入る余地のない凡庸な騒動のなかで、誰にも知られず消滅しようとしている。
ヒーローとしての死などはなく、サラリーマンのような兵士の単なるお仕事の作業の中で。

シンジ君はどんな再生を見るのか。
我々はシンジ君を通して、どんな再生を得るのか。

| | コメント (1)

船橋駅のツバメ。

船橋駅のツバメ。
通り掛かる人が顔をほころばせて見上げていました。

| | コメント (2)

2007.06.19

自分に〇〇〇。

自分に〇〇〇。
この1週間くらいはひさびさにむっちゃキツかった。

というわけで、頑張った自分へのご褒美は、伊勢丹でしょ☆

100g4000円の生ハムとか、塩バターキャラメルとか、フルーツ使った和菓子とか、大人買いだよっ。

って、頑張ってさらに散財までして、哀れな生き物ですな。>自分

| | コメント (0)

2007.06.17

シンフォニック・バレエ「ラプソディ・イン・ブルー」。

オーチャードホールほど行きたくない劇場はない。
広すぎて何を見ても感激が薄れる。

なのに、アラン・プラテル・バレエ団に続き、服部有吉のシンフォニック・バレエ「ラプソディ・イン・ブルー」を観る。

ステージ上に配置したオーケストラとの競演ということで、期待したが、ドビュッシー「月の光」で始まる第1部は、稚拙な構成&工夫のない振付でタイクツ。
確かに「ダンサー」は皆見事なんだけど、それだけでは「作品」にはならない。
えせヒップホップみたいな部分もださい。ださすぎる。

第2部のコンテンポラリー色の強い「ラプソディ・イン・ブルー」はさすがに見応えがあった。
服部有吉はダンサーとしてはやはりすごい。

面白い部分もあったけど、なんか、「金持ちの道楽」のような舞台だった。

それにしても、決してできの良い舞台というわけでもないのに、「ブラボー!」とか叫んだり、スタンディング・オベーションしたりしている客に、今回だけでなくいつも疑問を持っていたのですが、これって「カーテンコール」という参加型のパートに喜々として加わっているのであって、評価と一致しているわけではないのね。
あほらしい。

久しぶりに石井達朗さんにお会いしたので、ご挨拶。

| | コメント (0)

2007.06.16

柏市のフォーラム、終了〜。

柏市のフォーラム、終了〜。
UDCKでのフォーラム、終了。

芸大の渡辺先生、神楽坂まち飛びフェスタの日置さん、シモヤマというメンバー。

アート以外のジャンルのお客様も多いと伺っていたので、僕は、小型アートNPOとして、まちで活動するときに、いかにちまちまと地道なコミュニケーションを丁寧にやってるか、みたいな部分に力点を置いてお話ししたのですが、後のパーティで、「立派すぎて参考にならない」と言われた…。うーむ。

講演は、どの辺にターゲットを絞ってお話しすればいいのか、悩みますねー。

↑はいいけど、今日は朝からまだ何も食べてませんよっ!
朝方までパワポ作って、ぎりぎりに家出て、さらに講演前には基本的に食べない主義、パーティーで出たのは紅茶だけ、これからすぐにcaFの定例ミーティング、というわけで、ギブミー固形物!だよ!
意識が遠退いてきた…。

| | コメント (2)

2007.06.15

美人の罠。

「すごい美人とお友だちになれた♪」と、浮かれてたら・・・顔忘れられてた・・・。

うむむ。

あのパーフェクトなスマイルは、僕に対する好意ではなく、「えいぎょうすまいる」というやつだったのね。

ちなみに僕は「営業ぼけ面(づら)」というのをやっているので、人様に文句は言えない。
間抜けな反応や、あほ面していると、なめてかかって卑しい口を利いてくる人がいる。権力者に媚びて弱い人には傲慢に振舞うタイプの人だ。こういう人とは付き合うだけ時間の無駄なので、早めに選別したい。この手の輩を選別するのに便利なんですよ。>あほ面

おもしろいほど引っかかるんですよね。バカが。バカが入れ食い。

というわけでやめられないのよ、「営業ぼけ面(づら)」は。

バカを釣る「ぼけ面の罠」、っつーのもあるということで(笑

| | コメント (4)

表参道の小川。

表参道の小川。
と、昨日は買い物だけだったので、今日はトラヤ・カフェで一服。「葛プリンのアラモード」はクリームの中に隠れているあんペーストが美味しい。

安物はダメだけど、あんの甘さって癒されます。

表参道ヒルズ単なる利便性や効率で割り切れる部分だけでなく、まちの一部として担うべき「義務」に意識的で、とても共感を覚えます。

| | コメント (1)

2007.06.14

ブレイク♪

ブレイク♪
ちょっとだけ時間があったので、表参道ヒルズで買い物ー。

買い物する時間って意外と取れないんですよね。

トラヤ・カフェで、あんペーストの新しいのがあったので、買う。

ほんとはゆっくりお茶したいところですが、AAF2007実行委員会なので、買い物だけ。ううう。

| | コメント (0)

2007.06.13

「忙しい」と言ってはいるけれど。

よく言われることだけど、何をやっているのだかわからない人に限って「忙しい」を連発するような気がする。

生物学者の岡田節人さんは、お忙しいところすみませんと言われ、「能力以上の仕事を入れたら本人が悪い」というようなことをおっしゃっていたけど、それ以前に、そんなに忙しく働いているんなら、こんなつまらないブログとか書いている僕の10倍くらいの成果が出そうなものだけど、そういった話しはあまり聞かない。

むしろ、大騒ぎしたあげくいつの間にかいなくなってたりする(笑)

(笑)

↑じゃないよね。そっちは。

・小さくてもいいから成果を残す。
・信頼関係を築く。
・消耗しない。

自分という名の個人商店の店主として、大事なことだと思うんですが、「忙しい」の人はこの基本がおろそかになるから「倒産」(あるいは“夜逃げ”?)してしまうんだろうか。

“夜逃げ”とはこれまたシャレにならんたとえですね。。。

| | コメント (0)

2007.06.12

キックオフフォーラム。

土曜日に、このようなフォーラムでお話してきますー。
柏市の人は、ぜったい来るべき、耳寄り情報満載です。

*

地域活性化プラットフォーム事業「アート(芸術文化)がつなぐまちづくり」 キックオフフォーラム
  http://www.chiba-npo.jp/npo_ps/plat/platfo-ramu.html

地域活性化プラットフォーム事業は、『市民・NPO主導による地域の課題解決力の強化』を目的に千葉県が平成18年度~20年度にかけて、柏市を モデル地域として実施するもので、市民・NPO、県、市などの様々な主体と連携しながら、地域の課題を把握し、その解決に取り組むことを通じて、地域課題 解決に向けた仕組みの構築を図ることを目的に行います。

柏市では「アート(芸術文化)がつなぐまちづくり」をテーマに様々な活動団体の募集(活動費助成あり)を6月18日から行う予定ですが、その活動団体募集説明会とあわせて、この事業のテーマに関するキックオフフォーラムを開催します。

アート(芸術文化)活動をしている団体はもちろん、アート(芸術文化)活動を通じて様々な地域課題に取り組もうとしているかたは、是非、御参加ください。

1 開催日時 
  平成19年6月16日(土曜日)
 午後1時30分から キックオフフォーラム
 午後3時から    活動団体募集説明会

2 開催場所
柏の葉アーバンデザインセンター(TX柏の葉キャンパス駅前)
http://www.udck.jp/

3 内容
 13:30~13:40 あいさつ
 13:40~14:10 オープニング講演
   渡辺好明 東京芸術大学美術学部先端芸術表現科教授
   「取手市での取り組みを踏まえて,地域活性化プラットフォーム事業に期待すること」
 14:10~15:00
   事例報告 
   下山浩一 コミュニティアート・ふなばし理事長
   日置圭子 神楽坂まち飛びフェスタ実行委員会 実行委員長

  15:10~16:00
      説明会
    ①地域活性化プラットフォーム事業の概要
    ②柏市の地域活性化推進計画
    ③募集要項及び申請方法

  16:00~17:00
  ティー・パーティー 

4 対象
柏市において、芸術文化活動をしようとしているか、又は現に活動している、若しくは主たる活動が芸術文化活動ではないが、芸術文化を通じて、様々な地域課題に取り組もうとしているかた。この事業自体に興味のあるかた。

5 定員
 先着80名

6 料金
 無料

7 申込み
 6月4日(月)から柏市市民活動推進課へ直接か電話(04-7167-1126)で

8 その他
 活動団体の募集の詳細については、6月18日以降にこのホームページ上でお知らせする予定です。
  http://www.city.kashiwa.lg.jp/citizens_activity/ca_etc/19-0177platform.htm
9 問い合わせ
 柏市市民活動推進課 電話 04-7167-1126

| | コメント (0)

2007.06.11

「ふなばし 海辺にいたるストーリー」発表会。

「ふなばし 海辺にいたるストーリー」発表会 
~JR船橋駅周辺商業エリアと臨海部商業エリアをつなぐモデル回遊路の提案~

・日時:平成19年7月2日(月)18:30~20:00
・会場:船橋商工会議所 6階 大ホール
  http://www.e-funabashi.com/syoukou/map.html
・主催:船橋市商業活性化推進協議会
・講師:三井不動産㈱S&E総合研究所 茂木 武 氏
・テーマ
「船橋湊町地域商業空間活性化計画」
船橋市と商工会議所、地元商業者団体でつくる「船橋市商業活性化推進協議会」においてJR船橋駅から海辺にいたる「モデル回遊経路」のアイデアができました。
しかし、本当の「まちづくり」は、そこに住み、生活する人の考えが入って、初めて「賑わい」が生まれると考えます。
今回の「発表会」では、土台となる「モデル回遊経路」を皆さんに見ていただき、様々な意見をいただくことを一番の目的としています。
地域活動されている方(町会や自治会など)、船橋にお買い物に来る方や学生さん、「思い」のある方、「前向きな」方ならOK!ぜひ、お集まりください。

・参加申し込み
(1)氏名(2)所属(3)住所(4)電話をご記入の上、船橋商工会議所事務局(担当:佐藤)までFAX(047-434-9559)にてお申し込みください
ご記入いただいた個人情報は、当日の参加者確認に使うものであり、本会終了後速やかに廃棄いたします。

*

という講演会にお誘いをいただきました。
船橋のまちづくり、注目です。

| | コメント (0)

2007.06.09

カポエィラ・テンポを検証する。。。出来るのか?

Img_1123

AAF学校特別コース「アートプロジェクトを検証する」vol.2として、AAF2007の参加企画のひとつである『アシェー・ブラジル・バイーア!』

http://capoeira-jp.com/axebrasilbahia/index.htm
を主催するカポエィラ・テンポのワークショップにお邪魔してきました。

「超初級クラス」というのに参加したのですが、ジンガという基本ステップからはじまり、30分もたたないうちに汗が滝のように流れ脳貧血になりそうになりながらも、なんとかかんとか1時間のクラスをこなすことができました!
そう!AAFの検証は「共に汗を流す。」なのです!!

カポエィラ・テンポ理事長の須田竜太さんは、バリバリのカポエリスタ。
お話しは、主宰者がもっとも輝いている現場で伺わないと、血の通ったものにならないと判断して設定したのが、今回のコースです。
特別にホーダというパフォーマンスまで披露していただき、一堂感激の超ゴージャスなプログラムとなりました。

Img_1147

「アートの背景を聞く」が今回のテーマです。
カポエィラは、格闘技・ダンス・教育・コミュニケーション等、複合的な要素を持ち、パフォーマンスを一見しただけではその全貌を理解することが非常に困難なARTSなので、このテーマに最適と考えました。

今回、ワークショップに参加し、さらにパフォーマンスを目の前で見て、須田さんにお話しを伺い、カポエィラの特徴は3点挙げられると思いました。

1)トランスを重要な要素とした強度の高いコミュニケーションのアートである。
2)高度なトレーニング体系を持ちカポエリスタの身体能力
・スキルは非常に高い。
3)教育普及プログラムに力を入れている。


AAF2007参加企画の『アシェー・ブラジル・バイーア!』は、カポエィラのパフォーミングアーツとしての側面をフィーチャーしつつ、日本ではまだあまりなじみがない「バイーア音楽」のライブ、さらにはDJも入る複合的なイベントであるため、「・・・モニタリングが難しいなぁ」とあらためて思った次第です。
『アシェー・ブラジル・バイーア!』は、老若男女だれでも楽しめるイベントであることは間違いないのですが、企画者の意図を理解するには、

・カポエィラに対する理解
・バイーア音楽&ブラジル音楽&日本とブラジルの音楽事情
・クラブミュージックにおけるブラジル音楽のポジション


がある程度分かっていないと、トンチンカンなコメントしかできない。日本におけるブラジル人コミュニティの現状も分かっていた方がいいに決まっている。
クランプやパルクールといったストリートカルチャーとシンクロしている部分もあるし、トランスに関する知識もないと、ただ「圧倒されました。」で終わってしまう。
↑なのです!

カポエィラ・テンポが力を入れている、地域コミュニティにおけるプログラムもとても面白く、ぜひ新宿のクラスも見にいかなきゃー、でした。そうそう、受講者の皆さまがいたので、下品な質問は自重したのですが、そっちも。ね。

ね。じゃない(笑




| | コメント (0)

申し訳ありませんが…きもい

申し訳ありませんが…きもい
秋葉原にて。

| | コメント (0)

属するな。

ギャル系。スト系。ヤン系。記号を纏うことによって、パーソナリティを補強したり、棚上げする。これはよくあることなので、したい人はすればいい。

だけど、「○○みたい」な行動パターン、反応パターンをするのって、大嫌い。

これは嫌いなんで、どうしようもない。

男みたいな男。女みたいな女。若者みたいな若者。おっさんみたいなおっさん。おばさんみたいなおばさん。日本人みたいな日本人。ジャマイカ人みたいなジャマイカ人。右翼みたいな右翼。無宗教者みたいな無宗教者。インテリのようなインテリ。セックスレスみたいなセックスレス。

どれも「ばかみてぇ」と思う。

自分の行動を疑い、自分の思考を疑え。

仮面としてのパーソナリティではなく、その人でしかない“存在”にしか興味ない。

| | コメント (5)

2007.06.08

「不適切な内容でしたら削除願います」。

…。

それくらい、自分で判断しろ。ボケがっ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

千葉大。

千葉大。
蔵本さんと経理の打ち合わせで、千葉大。

千葉大って、広くて木が多い。のんびりしていて、「理想のキャンパス」の名に相応しいと思う。

| | コメント (1)

2007.06.06

「金と芸術」シンポジウム。

Img_1097

「金と芸術」出版記念シンポジウムを聞きに行ってきました。

この本、アートマネジメントに関わっている人に、話題沸騰というか、読むとやる気がなくなる(笑)、身もふたもない内容で、なかなかの良著です。

その出版記念シンポジウムということなのですが、著者が来なくて、“訳者”がパネリストという点が?なんですが、敬愛する吉本光宏さんがパネリストとして参加なさるので、行ってみた次第です。

・・・が、3時間もあるわりに、まとまりがなく、生産的なディスカッションとかもないシンポジウムというよりは、独演会×3という感じ。

吉本さんのお話は、アートに関する輸出入額それと各国の文化に関する税制の紹介で、「なぜアーティストは貧乏なのか?」という本書の真のタイトルについて、手垢のついたグチ語りに与しない、新しい視点で面白かったんですが。

ヒョジュンや八重樫さんの若手、アートマネージャーの皆さんの反応、いずれも?でした。

終了後、みんなで村松恒平さんオススメの寿司屋に行って、わいわい。楽しかった☆

| | コメント (0)

痴漢つかまえた。

たった今、津田沼駅で痴漢つかまえました。

正確には、ホームを逃げようとするのを。

意外と力があるワタクシでした。

| | コメント (5)

2007.06.05

ソロ活動。

チームで何かやるのと、1人でやるのは、全く別のメカニズムがはたらく。

連れがいると、センサーの感度が10分の1以下になるのを感じる。
だから、僕は1人で行動することがとても多い。
というか、お金も権力もない自分に取っては、自分の感性だけが唯一の財産だから、センサーの感度を鈍らすことは、絶対にできない。

思い込みやナルシシズムも、感性を鈍らせる。よって排除。
雄弁や饒舌も、思考が雑になる。排除。

「自信」「不安」どちらもセンサーの感度を鈍らせる。邪魔なだけ。よって、捨てる。

身体に余計な力が入っていると、感受性が鈍るので、常にリラックス。

人の外面(そとづら)よりも、本質を知ることが重要なので、インフォーマルなムードをつくる。

観察力。傾聴力(こんな言葉は多分ない)。人の能力を引き出す力。そして想像力。

どれも、元手はかからないので、「貧者の力」と言って差し支えないだろう。

貧者は感性を研ぎ澄ますべきだと思うので、人が集まるところには行くが群れないし、デレっとしているように心掛けている。

そして、錐の先を研いでいるのだ。

| | コメント (2)

2007.06.04

crew公演「象牙の塔へ」。

crew公演「象牙の塔へ」、素晴らしかった。

どれくらい素晴らしいかというと、適切な褒め言葉が見つからないくらい、素晴らしかった。

優れた脚本、優れた演出、的確な演技があっただけ。

後半、人間だけでなく、舞台上の椅子やシュガーポット、床の板までもが存在感を主張しはじめるという、オカルティックな経験をいたしました。

舞台が進むうちに、善悪も生死も、希望と絶望、真実と偽り、どれもがさらさらと消滅し、「存在」そのもののみが残された。

| | コメント (2)

2007.06.03

あなたは一体誰なのか?

「ハンドルネーム」というカルチャーは、よく理解しているつもり。

日本人はアメリカ人や韓国人に比べてネットで匿名が大好き。そんでもってSNSが流行っているので、にわかハンドルネームが激増して、なんだかわけがわからない!

僕の場合、ブログもSNSも表現とコミュニケーションの重要なので、匿名なんて、ありえない。
遠くに住んでいる人ともあまり距離を感じるなくやり取りができるし、まだお会いしたことがない人に自分という人間を知っていただける。
おもしろい人と知り合いになれる。

↑これって匿名だと効率悪いよね。

匿名って楽しいのか?

| | コメント (2)

2007.06.02

相良ビル・クロージングパーティ。

相良ビル・クロージングパー
半蔵門にある相良ビルというビルが取り壊されることになり、そのビルのラストを、アーティストが送るという趣旨のイベント。

今、最も注目しているアーティストの一人、井手実さんも出演されるということで、こりゃ見逃せません。

井手さんのパフォーマンスの会場は、4階E会場ということで、上がると、「ステージ」は窓の外。隣のビルの屋上でした。
水が貯まったビルの屋上。両隣はビル。前方は神社の鳥居と緑が見えます。

井手実さんのパフォーマンスはその水溜まりのかなで、10分くらいのショウでした。
今回は装置や映像は無し。

水溜まりの水面が鏡になり、重力の方向がわからなくなる不思議なパフォーマンス。

井手さんの作品は、いつも、周囲の物や風景までも全てを取り込んだビジュアル体験の完成度がとても高いのが特徴です。

さらに言うと、観る者の脳内に生じる像そのものを操作されているような気分になります。

よく自分の作品について、「観たいようにみてくれれば」などと言うアーティストがいますが、井手さんには当てはまりません。

観客は、催眠下で暗示をかけられるかのように、覚醒状態で脳内イメージを操作されるのです。

↑なんかアヤシゲなことを書いてますね(笑)
パフォーマンスとしては、押し付けがましいところが皆無で、ほのぼのとした雰囲気なだけに、特異な力がさらに印象に残るのです。

| | コメント (1)

WAP2007 プロポーザル展。

WAP2007 プロポーザル展。
根津のカフェNOMADOで開催されている「WATARASE ART PROJECT 2007 プロポーザル展」へ。壁面いっぱいの渡良瀬渓谷鐵道の沿線の地図についているポケットに、参加アーティストのプランが入っている。
全部で44ものプランを取り出しては見る、を繰り返すうちに、足尾にいるような気分になってきました。

キャンピング・トレイン、泊まりたい!

夏の本番が楽しみになる、優れた企画でした。

| | コメント (0)

スカイ・ザ ・バスハウス。

スカイ・ザ ・バスハウス。
土屋信子展。
休日の午後にふさわしい素敵な展覧会でした。

スカイの斎藤さんと何故か柏アート事情について情報交換(笑)

| | コメント (0)

「Think NEXT」 。

0602m

【タイトル】ラウンジトーク「Think NEXT」
【日時】2007年6月1日(金)18:30開場 19:00開演
【会場】アサヒ・アートスクエア(アサヒスーパードライホール4F)
【ゲスト】
 岩井優(Survivart代表) http://survivart.net/
 小川希(Ongoing主催) http://www.quakecenter.org/
 加藤慶(Boice Planningアトリエディレクター) http://www.geocities.jp/boice_planning/
 井上文雄(MUSEUM OF TRAVEL代表) http://mot06.exblog.jp/
 杉浦太一(株式会社cinra代表取締役) http://www.cinra.net/
 藤高晃右(Tokyo Art Beat共同設立者) http://www.tokyoartbeat.com/
【司会・進行】橋本誠(アートプロデューサー)
【企画】 SNSサイト「mixi」アートマネジメントコミュニティ

昨日は、アートマネジメント・コミュのオフ会でしたー。おいでいただいた皆さま、ありがとうございました。
結局80人近くの人があつまり、みんなびっくり!の大盛況。
幹事をやってくれた橋本誠さんの実力に仰天。

20代のプロデューサーの実践&認識はどれも面白かった。

最近思うのですが、今のアートマネジメントに関する言説は、けっきょく一部の人にとって都合がいい物言いをあたかも真実のように語られていて、言説が機能不全を起こしているように思います。

変な「プロパガンダ合戦」みたいなのは、もともと興味ないので、おもしろい人とふらふらと「変なこと」や「無駄なこと」「役に立たないこと」を「思いつきで」やってきます。

はい。

| | コメント (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »