« あなたは一体誰なのか? | トップページ | ソロ活動。 »

2007.06.04

crew公演「象牙の塔へ」。

crew公演「象牙の塔へ」、素晴らしかった。

どれくらい素晴らしいかというと、適切な褒め言葉が見つからないくらい、素晴らしかった。

優れた脚本、優れた演出、的確な演技があっただけ。

後半、人間だけでなく、舞台上の椅子やシュガーポット、床の板までもが存在感を主張しはじめるという、オカルティックな経験をいたしました。

舞台が進むうちに、善悪も生死も、希望と絶望、真実と偽り、どれもがさらさらと消滅し、「存在」そのもののみが残された。

|

« あなたは一体誰なのか? | トップページ | ソロ活動。 »

コメント

高橋様

コメントありがとうございます!
10年に1度?というくらい、とても素晴らしい舞台でしたね。
現場はさぞ修羅場だったのではないかと…。
「超常現象」さながらのテンションは、忘れられません。

投稿: しもやま | 2007.06.07 13:07

ご来場ありがとうございました。
「象牙の塔へ」という戯曲があってこその、全てでした。
楽しんでいただけたなら、何かを感じていただけたなら幸いです。
ありがとうございました。

投稿: crew演出高橋倫平 | 2007.06.06 17:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あなたは一体誰なのか? | トップページ | ソロ活動。 »